夕焼けも 春色見せて 深い空


 引き続き、ため池もある小さな公園での桜です。桜の木の本数はそれほどでもないのですが、1本1本の間隔が開いていることもあり、1本の桜の全体を入れることができます。こうした形なら、あまり無理に全体を入れようとせずに、もう少し寄って主張するところを強調してもいいのでしょうが、やっぱり青空も強調したい…ということで、どっちつかずの全体像になってしまってます(^_^;)。実はこの超広角レンズでの撮影ばっかりではなく、この場所では望遠レンズでも結構撮影したのですが、やっぱり青空が良かったので、この手の写真が多くなりました。このレンズでの撮影は、広角端での撮影がすごく多い(というか、ほとんどそんなんばっかり?)ので、もしかしたら8~9mmの単焦点レンズが1本あれば事足りるのでは?と思ってしますこともしばしばなのですが、今回の場合は周辺のわずかな建物や人工物をうまく隠したいこともあり、意外とズームが重宝しました。ほんの少し、調整するには、やっぱりズームが便利。
 写真は青空を強調したいばっかりに、例によって彩度とコントラストを挙げているのですが、肝心の桜の色を見てると、ちょっと今回はやりすぎのような気がします(というより、毎回やりすぎなんですが…)
OLYMPUS E-620 ZD9-18mmF4-5.6(10mm F5.6 1/sec ISO 200)

関連記事

コメント

非公開コメント

トラックバック