四日目の 満つる思いを 浮かべたか


帰り道にふと見上げた晴れた空。ぽっかりと三日月が浮かんでいた。西の空の山の際には宵の明星も輝いていた。家に到着したときには既に明星は沈んでいて、空には月だけ。この時期の夕月は、かなり寝た状態になるので、器のような写りになる。買ったばかりの望遠レンズを試してみようと、三脚にカメラを付けてねらってみた。ライブビューのできるE-330なので、Bモードでライブビュー拡大をしながらMFでピント合わせ。セルフタイマーで振動を抑えて撮影してはみるものの、拡大してみると思ったような画像にはなかなかならない。露出を抑えて、かろうじてクレーターのようなものが移っているかなぁ、というぐらいだ。これでもかなりトリミングしてあるのだけど、本当なら望遠鏡を引っ張り出してきてもっと拡大した画像を得たいところだけど、今回はこの辺でせいいっぱい。もう少し時間があるときに再チャレンジしてみたい。
OLYMPUS E-330 ZD40-150mmF4.0-5.6(150mm F5.6 1/60sec ISO 400)

関連記事

コメント

No title

kaguya
わぁ~い!このお月さまでした~~。 私のぶれぶれのお月さまと違って美しく撮られています。 昨晩のお月さまは、月齢:5.957 もうずいぶんふっくらとなさっておられました。

No title

そーなんですよ。この月なんですが、実はこの二日後にも撮影してます。慣れれば手持ちでも…ということで、ちかぢかアップします。後は露出との兼ね合いなんですね。シャッタースピードを1/60~1/250ぐらいの間にすれば、意外と適当に撮影しても撮れるもんです。後は体か腕を、どこかに寄りかかる等して固定できれば、結構イケるもんです。お試しあれ。
非公開コメント

トラックバック