シジミ蝶


これは紫シジミだろうか。夏の休みの日に隣の公園を除いてみると、アゲハとかタテハの蝶が結構乱舞している。こういった蝶はなかなか止まってくれないので撮影にも一苦労する。シジミもそのうちの一つで、飛んでいる間は結構分かるのだけど、小さい蝶だけに止まってしまうとその存在そのものが分からなくなる場合が多い。これはたまたま目立つところに止まっているのを見つけて、少しずつ近づいて撮影したもの。少しずつ近づきながらシャッターを切っていき、最後は本当に触れる位のところまで近づくことができた。ピントの位置がちょっとずれているのはご愛嬌。蝶の類は朝早く、気温の低い時間帯なら飛べずに休んでいるところを撮影できるらしいのだけど、夏の盛りでは多分無理だし、そんなに朝早く起きられないというのもある。そもそも、この撮影地の公園は雑草が生い茂っていて、蚊に刺されて大変な状態になったりする。やっぱり昆虫を撮影するのは楽ではない。
OLYMPUS E-330 DZ14-54mmF2.8-3.5 54mm

関連記事

コメント

No title

○猿○
お隣が公園って羨ましい^^
蚊はくせ者ですが^^;
今年もそろそろ昆虫が動き出してますね^^

No title

つりんずさんどうも~。公園、と言っても、ほぼ空き地みたいなもんです。
その分日当たりはいいんですが、公園の向こうに神社があって、真夏には、クマゼミの声の攻撃が直接…すごいですよ~(^^;
非公開コメント

トラックバック