夏近し 銀河の周りの 「玉」手毬



 はい、昨夜の獲物です。今日は朝からかなりどんより曇&時折雨で、やはりこの状態であれば昨夜出撃して正解だったかな、という感じでした。ただ、午前中から予定が少しあったので、もう眠くて眠くて…(^^;
 で、昨夜の目的の半分はメシエ天体ジョギングの続きだったので、比較的マイナーなヤツから順番に撮影してました。まずは西に傾きつつある春の星団からになります。少し待てば東の空からモクモクと天の川が出てきていた(先日の写真ですね)ので、夏の赤いのを狙うこともできたのですが、まずはメシエ天体をこなして…というところでした。途中からは時折雲が通り過ぎるので、こりゃあ有名どころも撮影しておかないと…ということで赤いのもいくつか撮影はしてます。もちろんメシエどころですが(^^;
 で、撮影対象の半分は球状星団。個人的には球状星団もモノによって密集度合いや形が微妙に異なってて、なかなか楽しいのですが、普通に見る分にはそーんなに面白いわけではないかと…こんぺいとうが並んでる~ってとこでしょうか。というわけで、球状星団は2個ずつ紹介~。速攻処理ですが、ガイドやピントもそんなに決まっている訳ではないので、丁寧に仕上げるつもりはまるで無しです(^^;。丁寧に仕上げてもそんなに変わらないという事実はありますが…(T_T)
 ちなみに、いずれの写真も撮影は横位置なのですが、あまりに小さいので、縦位置になるレベルまでトリミングしてます。
 一枚目はM53。こいつはかみのけ座のα星のすぐそばにあるのですが、問題はそのかみのけ座のα星がどこにあるのか…(^^;。双眼鏡ではすぐに見つかっても、上下さかさまの望遠鏡のファインダーだと意外と苦労してます。実は以前も撮影していたので、今回はまだ比較的うまく導入できた方だったりします。確か星ナビの6月号に、このM53とその南側にあるNGC5053を同一視野に捕らえたものがありましたが、この画角を見る限り、R200SSでは3枚ぐらいモザイクしないと届かないかも…というところでした。改めてその写真を見てみると、この写真よりずいぶんと星団の星が広がってます。よーく見てみると、確かに中心部から少し離れたところにも星が集まっているのが分かります。もっと露出をかけると色々出てきそうですが、ま、TNKな撮影ですから、こんなもんでしょう(^^;
 2枚目はM68。これはからす座の足元にある球状星団です。そんなに暗いものでもないのですが、撮影してみるとなーんかまばらな球状星団ですね。一歩間違えれば散開星団になるかも…。もっと露出をかければ集中度合いが違ってくるのかもしれません。実はこの星団も以前撮影したことはあるのですが、相変わらずガイドがいまいちで、紹介はして…なかったはずです。これも改めてよーく見てみると、周辺部にそこそこ星があります。もっと露出をかけることができるのなら、もう一回り、いや、二回りぐらい大きな星団のイメージになるかと思います。

撮影データは全く同じです。
Canon EOS60D Vixen R200SS+コマコレクター1(800mm F4.0 60sec x3 ISO 3200)
VixenSP赤道儀ノータッチガイド YIMGでstack+PaintoShopPhotoとIrfanViewで調整

残りの球状星団は、へびつかい座からになりますので、スッキリ夏の星座モードです。改めてメシエ天体を見てみると、夏は球状星団がかなり多いんですね。春の銀河に引き続いて、少~しマイナーというか、見栄えのしないメシエ天体が続くかも。球状星団の合間合間に、少し色の付いたのをはさめて行きますか…(^^;

関連記事

コメント

No title

nam_world
今日の一句に一票!
今週末はあちこちで、うっぷん溜を晴らした方が多かったでしょうね~!
こちらも夕べは快晴でした。
R200SSがじぇんじぇん間に合わなく球状星団は撮りませんでしたが、
こんなの見たら、どっかに行ってしまわないうちに早く撮ってみたくなります。
しかし・・・夏に向けても玄スーパー60D、ISO3200で全然行けそうですね!

No title

Namさんどうも~。一票ありがとうございます(^^;
北海道もやっと晴れたんですね!。NamさんのR200SSは、まだ活躍しなくていいです…一気に置いてかれちゃいますので(^^;;
球状星団は比較的明るいので、ISO3200、1分でも結構写ってくれますね。まだまだ撮影できていないのもあるので、がんばって集めてみます。

No title

かわう
ちょっとマイナーな球状星団連発ですね。
こちらはおくればせながら梅雨直撃です。

No title

ちょっとマイナー系です(^^;。一応メシエ天体なので、R200SSのTNKな撮影で捕らえられる範囲なのですが。
そんな中でもこの二つは春の星座の中にあるので、銀河ばっかり撮っている頃に撮影すると、意外と新鮮なヤツだったりするんですよね。もっと早く紹介できてりゃよかったのかも~
非公開コメント

トラックバック