冬の川 上るにつれて 霜も降り


 月曜日の夜にプチ出撃してきたときの写真です。週末色々忙しかったこともあり、かなり疲れていたので、すごーく晴れていたのですが出撃は無理かなー、と思ってました。が、どうやらUTOさんも出撃されている様子。だからといってこちらも無理する必要は内のですが、どうも週末にかけてのお天気は良く無さそうだったので、これはもう行くしか!、ということで行ってきました。さすがにフル装備での出撃は無理があるので、今回は望遠レンズとフォトガイドのみでの撮影です。これなら、4階の部屋から降りるのが一回で済みますので、かなり楽になります。んが、やはり忘れ物をしてしまいます。この時はスーパーポラリス側にセットしたままになっていた極軸望遠鏡用の明視野装置(自作)を忘れてしまいました。まぁ懐中電灯でなんとかなるのですが、やっぱり専用のがあったほうが便利です。
 合計1時間ほど撮影したのですが、その間にも車の上には霜が降りていました。出撃した分、夜半まで車は少しあたたまってたはずなんですが、翌朝、火曜日の朝はそれはまぁ見事な真っ白な車に…いや、私の車はダークブルーのはずなんですが…(^^;
 狙ったのは、赤いのがどれ位写るか試してみたかった真っ赤なカモノハシと、勾玉キットです。しかぁし、ごらんの通りいずれの被写体もほぼ真上の状態。いくらライブビューがあるとはいえ、導入は光学ファインダーで行います。ムチャな姿勢をしてなんとか導入したのですが、ごらんの使い捨てカイロをセットするときか、この導入のときに少しピントがずれてしまったようで、ちょいとピンボケでした(T_T)しかも、案の定と言えばそれまでですが、勾玉キットに関してはIC1396同様、ほとんど写っていません。まぁ、そんなもんでしょう(^^;。真っ赤なカリフォルニアことカモノハシについては、どこかで処理をしてお見せしたいと思います。
 写真は、そのカリフォルニアを撮影していた時の一こま。背景の山からは、冬の大三角と、それに伴う冬の天の川がゆっくりと昇ってきていました。固定撮影でもこれだけ写ります。本当にプラネタリウム状態でした。

Canon EOS60D SIGMA 10-20mmF4.0-5.6EXDC(10mm F4.0 75sec ISO 3200)

 で、本日、少し早めのクリスマスプレゼントが色々届きました。ひとつは、ふにゃ太郎さんサンタが持ってきてくれたタイマーリモートコントローラーです。これで、2台体勢での撮影が大幅に楽になるはずです。ふにゃ太郎さん、本当にありがとうございます!。お礼というわけではないのですが、自分へのクリスマスプレゼントの新兵器の、最初の対象者となってもらいました。この新兵器に関しては、また別の機会に紹介したいと思います。晴れれば…

関連記事

コメント

No title

ふにゃ太郎
おはようございます。、ふにゃ太郎サンタです。あのタイマーリモートコントローラーは、ひょっとして、天体写真用に作られたんじゃないかなって思うくらい使い勝手がいいですよ。
ISA市は今日の午後から雷を伴った雪が降りそうだと、天気予報で言ってました。
ISAの厳しい冬がまたやって来ましたね

No title

ふにゃ太郎さんおはようございます~。午後二時の時点でまだ雪は降ってませんが、なんだか怪しげな天気には違いないですね。
タイマーリモートコントローラー、これは本当に助かる武器になりそうです。電池が単四2本というのも安心できますね。
非公開コメント

トラックバック