日を受けて 残るモミジを 輝かせ


 この週末は(数は撮っているものの…)あまりいい撮影ができていないので、一週間前の朝の散歩シリーズです。
 一面の落ち葉に埋もれていた神社ですが、上を見ると、まだ葉を残したカエデの木がいくつか、朝日を受けて光っていました。ここは去年も神々しいまでの光が射した場所です。さすがに今年は時期が遅く、ほとんどの葉は散った後でしたが、それでも残って真っ赤になったモミジは、太陽の光を受けると最後の一瞬、と言わんばかりに輝いていました。見ていると、次から次へと葉が落ちてきます。そんな葉の落ちる様子をなんとか表現したくてシャッタースピードを落として見たのですが、なかなかタイミングが合いません。そもそも、一度に落ちてくる葉の数は2~3枚なので、思ったようには写ってくれないんですね。難しいなぁ。ま、こうして光る紅葉を撮影できただけでもラッキーかもしれません。

OLYMPUS E-3 ZD12-60mmF2.8-4.0(27mm F16 1/20sec ISO 100)

関連記事

コメント

非公開コメント

トラックバック