青空を 背に受け今年も 花始め


暖冬なので桜の花が咲くのも早くなる、という話がまことしやかにされていたのですが、蓋を開けてみれば何のことは無く、普段どおりの時期に普通に咲いているような感じになっていますね。まぁ2月まではずいぶんと暖かかったのに、3月に入ってから寒い日が続いたというのもあるのでしょうけど、とにかく桜の花もようやく咲き始めました。これは職場のお花見の時に撮影したものですが、この日は天気も良くて気温もぐんぐん上がっていたのか、お花見をスタートした時よりも終わったときの方が明らかに咲いている桜の数が増えていました。これはお花見終わり頃の写真。R6での撮影ですが、このカメラ、枚数をこなして色々比較していくにつれ、光が十分あればかなりいい絵を吐き出してくれる事が分かってきました。暗い所はてんでダメなんですがね。この写真は背景が明るかったので、中央部が少し暗くなりました。レタッチをもう少しすればもっと明るくなるのですが、今度は空の色も飛んでしまうのでとりあえずはここまで。
 桜はこれから1~2週間ほどは桜の花で楽しませてもらえることになります。家の近くの河川敷には毎年桜並木が見事に咲き乱れるのですが、河川敷にはどうやら海からの涼しい風が吹いているようで、他の地区の桜と比べると少し遅めの開花になるようです。
RICOH Caplio R6 4.6-33mmF3.3-5.2 (7.7mm F4.1 1/870sec ISO100)

関連記事

コメント

非公開コメント

トラックバック