薄紅色の 雨の雫に 負けじ立つ


 先日の写真と同じ、雨上がりの滝の宮公園です。桜のクローズアップを狙っていると、雫の付いた花びらがいくつかあったので、その中でも印象的なものを探して撮影してみました。いざ探してみると、希望の形になっているのはなかなかなくて、手ごろなものは前後に花が無かったりと、思った形になってくれません。これはその中でもちゃんと花びらに雫が残っていて、前後に花があるものを撮影したものです。ただ、実際にはこの3倍ぐらいの広がりがあって、これ以上は花に近づけなくて結構トリミングしてたりします。こんな時はE-330だったら腕を伸ばして近づけるという手があったのですが、EOS30Dではそうもいかず、トリミングでお茶を濁してます。ただ、このレンズのおかげでこの日撮影した写真の中には、手ブレで失敗したと思われるものはほぼありませんでした(もっとも、殆ど開放で撮影しているのでシャッタースピードは十分速いのですが)。うーん。やみつき。
もう少し明るくすることもできたのですが、雨に濡れた雰囲気を出したかったのでこれぐらいに抑えてあります。
Canon EOS30D EF-S17-85mmF4-5.6 IS USM(85mm F5.6 1/250sec ISO 100)

関連記事

コメント

非公開コメント

トラックバック