夕焼けを 一筋残して 降りてゆく


 先月の出張の帰りに撮影した青空、実はもう一枚ピックアップしたのがありました。こちらの方が本命だったりして(^^;
 丁度夕陽が沈む時間帯だったのでしょうか。水平線の辺りが赤く染まって、なんともいえないグラデーションをかもし出していました。本当なら夕陽が見えれば完璧なんでしょうが、どちらかというと西に向かって飛んでいるし、太陽は反対側の座席の向きなので、こちらからは見えず。でも、このグラデーションはいい感じになってくれました。しかも、眼下には、ちりばめられたウロコ雲。この風景が見えていたのはほんの短時間で、あっという間に赤い色は見えなくなるし、雲の形も変わっていきました。なんとも言えない、不思議な瞬間でした。
 不思議と言えば、今回はちゃんとオバケが写っています。画面の左端と、少し右の上の方。決して雲ではありません。空が暗くなってきたからでしょうか。どうしても写ってしまいました(^^;

SONY DSC-TX5 Vario-Tessar 4.43-17.7mmF3.5-4.6(4.43mm F3.5 1/100sec ISO125)

関連記事

コメント

No title

ろざりお
あ~いいなぁ

こういう景色見たいな・・

ぽち☆

No title

ろざりおさんどうも~。実はこれ、恐らく高知沖ぐらいを飛んでいる時間帯だったと思います。とっても神秘的でしたよ~。
仕事の関係上、飛行機には結構乗ったのですが、夕方、明け方の空の上はいつ見てもいいですね。飛行機に乗る機会ってのはそうそう無いかもしれませんが、時間帯が合うなら、ぜひ窓際の席を確保してみてください。
ぽち☆ありがとうございます!

No title

まい(*゚∀゚)ゞデシ!!
さきほどの真っ赤にもーえた太陽と空の景色も素敵でしたが

こちらも素敵☆

朝焼けかと思ったら夕焼けなのですね~(*^_^*)

No title

まいさんどうも~。いいでしょーコレ、普段の夕焼けと違って、なかなかお目にかかれなかったりします。貴重な?夕焼けですよ~。
非公開コメント

トラックバック