雷を 聞いたかヒグラシ 夏を告げ


田に水入る季節には
お気に入りの音がある

そっと降る雨見定めて
心静かに家を出る

雨の田んぼに寄り添って
かすかな音を一人待つ

雨音受けた水面から
静かに静かに音が出る
誰も気づかぬ音が出る

水が奏でるその音は
心の奥底震わせる

やり直したい後悔と
帰りたくない悲しみが
頭の奥で渦を巻く
ゆっくり、ゆっくり渦を巻く

独り占めした田の音を
大粒の雨が消していく
暗くなったその空に
全ての音が身を隠す

気が付けば
肩を冷やした雨しずく
頬を濡らした雨しずく

何も言えないそのままに
いつの間にか泣いていた
力の限り泣いていた

帰らぬ時を噛み締めて
まだ見ぬ未来を握り締め
たった独りで泣いていた

次第に遠のく雷鳴に
ゆっくり足を向けてみる

雨音おさまる帰り道

ひぐらし一声、夏を告げ




OLYMPUS E-5 ZD12-60mmF2.8-4.0(60mm F5.6 1/125sec ISO 400)トリミング

関連記事

コメント

No title

nam_world
gray glassさん こんばんは

まってました。

最近オセンチになっていたりするので(いや、年か??^^;;)
泣きそうになりました。

ぽちー

No title

Namさんどうも~。久々に書いてみました…涙腺緩くなってきているのは、やはりトシのせいですかねぇ。いや、きっと、人生経験がそうさせているんですよ。うんきっとそうだ(^^;

が、この時期ですからねー。実は、gray glassの続編?を、準備してたりします(^^;。ほとんど反則みたいなヤツ。
すぐ出しますんで、またよろしく~。

No title

UTO
ひぐらしのなく頃に
違っ・・

No title

UTOさんどうも~。やはり出てきましたね。この辺をつついてくれるのは、かわうさんかUTOさんに違いないと(^^;
でもね、ドシャドシャ降ってずぶぬれになって(カメラはE-3なので全然問題なし)、トボトボ帰ってるところで、計ったようにひぐらしなんか鳴いた時には、本当に泣きそうになりました。なつかしいような、悲しいような、あったかいような…

No title

ふにゃ太郎
僕が聞いたヒグラシの初鳴きは7月1日でした。
他の蝉と違って、涼しげで、どこか儚げですよね。

梅雨がもうすぐ明けますが、梅雨明け間近になると、
通り雨が田を渡って行くのが見えるようになります。
もう、すぐそこまで夏が来ているんですよね。

ひぐらしのなく頃に。エグイっすよね。

No title

ふにゃ太郎さんどうも~。そう、私も今年最初のヒグラシは、この火日、7月1日でした。
もうすぐ梅雨明けのはずなんですけどねー。今日の夕方の雨はまたハンパない降り方でしたね。マヂでドキドキしてしまいました…

No title

かわう
生き物の鳴き声は本能レベルに働きかけてくる気がします。
そしてヒグラシの声は、あー夏休みが終わりに近づいてる、って鬱っぽい感情もまとめて呼び起こします(笑)

UTOさんが既に反応してますが……
当時、30バンチ事件かよ!とかウケてたのを思い出しました。むしろコロニーじゃないかと(笑)

No title

かわうさんどうも~。ヒグラシの声は、蝉の中でも独特ですよねぇ。中学の時までは、鳥の声だと思ってました(マヂ

…で、皆さんネタにしてますが、実はヒグラシの鳴く~はやったことが無いので全くわからなかったりします…わはは(^^;
非公開コメント

トラックバック