南空に 低く淡くと 腕を巻く


 18日の日曜日の出撃では、普段と違うことをちょっとやってみました。まぁ、違うといってもどっちみちTNKには違いないんですが(^^;
いや実は、先日UTOさんにチャレンジしてみては、と言われていたNGC1365を撮ってみたかったんですね。が、時刻的にまだ少し早いのと、このろ座の銀河団の辺りって、明るい星が少なくてすごく探しにくいんですね。南に低いと周囲が明るくてもやっているので探すのがすごーく困難になってしまいます。早い時間帯ならNGC55という手もあったのですが、これまたずいぶん低い位置になるので、月が傾くのを待っているとすっきり木の間に隠れてしまいました。むー、それなら、と星図を見ていると、1365とよく似た形の銀河として、このNGC1097が載ってました。少し北側になるので、これならなんとかなりそうです。が、やっぱり位置を確認するのは至難の業でした。普段の3倍ぐらいの時間をかけてなんとか位置を特定して試写。かろうじて視野のすみっこに写ったので、真ん中まで持ってくることができました。試写でひっかからなかったらあきらめてたかもしれません。
 撮影した画像は南に低いこともあるし、月明かりもあったのでかなり真っ赤。ホワイトバランスを色々調整し、更にトーンカーブで腕の部分を無理やりあぶりだしています。更に少し小さかったので、今回は周辺減光をごまかす意味でもトリミングしてます。なんとか、棒渦巻き銀河の雰囲気は出せたので、やればできるもんだなー、というか今まではメシエ天体を主体で撮影してきたのですが、メシエの中にはこうした棒渦巻き銀河は無かったような…(あったらごめんなさい)。こんな形に出会えるのも、マイナー天体?ならではですね。TNKの可能性をさぐる上でも、少しずつこんなのにもチャレンジしていきたいと思います。

Canon EOS60D Vixen R200SS+コマコレクター1(800mm F4.0 60sec x6 ISO 6400)
VixenGPD赤道儀ノータッチガイド YIMGでstack+PaintoShopPhotoとIrfanViewで調整

関連記事

コメント

No title

まい(*゚∀゚)ゞデシ!!
このモヤモヤ渦巻きはあれこれしてくれたおかげで見えるものなのですね♪

なんか得した気分です~(*´ω`*)

No title

UTO
あ、そうか!自働導入(汗)で導入されたのですね!
た、確かに、南天低くの見えない銀河を入れるのは至難のワザですね・・
NGC1097、見事に捉えましたね!
仰る様にメシエには無いタイプで、綺麗な棒渦巻銀河ですよね。
NGC55も明るいし、TNKには持って来いの天体。来年になっちゃうかもしれませんが、是非撮影してみてくださいませ~

No title

****
いいなぁ~羨ましい!!
今の時期は赤道儀を外に出せるチャンスが無いんですよ~
NGC1097、見事です!

No title

まいさんどうも~。そうです、アレやコレ(どれ?)をした結果、なんとかここまで写し出すことができました。天体写真は、一発撮影だけで済む事は少なくて、何枚も撮影したり、撮影したものを色々処理したりと、結構手間がかかりますが、その分、得られた結果はひとしおだったりします。楽しいですよ~(^^

No title

UTOさんどうも~。そうなんです。自動導入関連は、装置も技術も持ってないので、結構いいかげんです(^^;。考えてみたら目盛り環ぐらい使えるようになっていれば目安だけでもどの方向、というのがわかるはずなんですけどねー。今回苦労したから、ちょっと勉強してみるかなぁ。
NGC55は去年もチャレンジしてるんですが、結果がイマイチだったので、リベンジ対象のひとつですね。今年もまだチャンスはありそうなので、時間が許せばチャレンジしてみたいですねー。

No title

かいなおさんどうも~。またまた低気圧が結構暴れてるみたいですね。でも、かわうさんも土曜日に撮影されてるようですし、数少ないチャンスを、なんとかモノにできるようにエモノだけは磨いておいてください(^^;
こちらも、必ずしも都合のいいときに晴れるわけでは無いので、身軽に出かけられるように色々検討中です。とりあえず、道具関連は少し整理中…
非公開コメント

トラックバック