輝きを そっと留めろ オリオンよ


 1月14日に撮影した直焦点で、一番の大物になったオリオン座大星雲、M42です。これまでも何度も撮影しているのですが、今回は輝度差を少し克服したいな、ということでHDR的な処理をしています。その甲斐あって、この大きさで見る限りは自分の撮影/処理したM42の中でも、一番のデキになったとは思います。実際にはガイドずれが結構あった(無理やり使った)り、ノイズ処理が全然だったりするのですが、とりあえずこの形と色合いが出せただけでも満足です。

 撮影そのものは800mmのR200SSですので、全体を一度に入れるのは無理。上半分と下半分の2カット分をモザイクしてます。更に、輝度差を埋めるためにそれぞれISO3200とISO400とで撮影し、それをPaintShopProのマスクを使って合成しています。合成してトーンカーブを調整してハデハデにした後に、最後にPhotoShopElementsのフォトマージを使って合体させ、1枚のM42にできた、というわけです。上下でそれぞれ6枚×2露出、すなわち合計24枚を使っての(自分としては)大作になりました。
 特に苦労したのがPaintShopProでの合成でしょうか。今まで何度かチャレンジしているのですが、マスクの使い方が良くわからなかったので、なかなか思ったとおりには行きませんでした。PhotoShopとかとも使い方が微妙に異なるみたいなんですよね。
手順としては

1.アンダー露出の方を読み込み、マスク-画像からを選んで、かつ反転オプションをつけてマスクを作る。マスクにはボカシをかけておく。

2.オーバー露出の画像をコピペして、新しいレイヤーにする。マスクを見えなくしておいて、差の絶対値で画像を見て、重ね合わせをきちんとしておく。

3.アンダーの画像をベースにして、オーバーの画像をマスクグループに入れる。アンダーの白く飛んだ部分を窓にしてアンダーの画像が透けて見える、という形になるはず。

…と、書けばたいした事のない様な気がしますが、このルールにたどり着くまでが試行錯誤…(というか、実際は動作がすごく重いのでめったにやらない…)大変でした。
PaintShopProは乗り換え版で8千円ぐらいで、ほぼPhotoShop並の装備なので、割とリーズナブルなんですけどねー。

本当はもっと枚数かせいでノイズ減らしたりガイド精度(カットの抽出)アップなんかを試してみたいのですが、…ちょっとお疲れ…

Canon EOS60D Vixen R200SS+コマコレ1(800mm F4.0 60sec x6 x2 x2 ISO 400,3200)
VixenGPD赤道儀ノータッチガイド YIMGでstack+PaintoShopPhotoとIrfanViewで調整、PhotoShopElementsでPhotoMerge

関連記事

コメント

No title

ふにゃ太郎
おおう!!これは凄いじゃないですか。
自分なぞ、天体処理用のソフトに頼り切っているので
ひとつひとつマスクを作る処理なんてついぞやってませんねえ。
玄さんの画像を見たらなんかやる気出てきました。
僕もいっちょオリオンを狙ってみようかな。

No title

nam_world
先生、大作すんごいですね!!
というか、800mmAPS-C(35mm換算1200mm!!)をノータッチガイドとデジカメの感度を活かして最長2分露出、赤道儀はNJP・・でなくGPD。。
元画像はガイドが流れているのでしょうがweb上ではわからないです。
TNKを知らない人がこの画像見てからデータみたらびっくりされるのではないでしょうか。。いや実際知ってる自分がびっくりしています^^;
画像処理もすごくいいですね、モザイクもどこで繋いでるのかわかりません。M42内部も意とした風に仕上がって、傑作だと思います!

No title

****
素晴らしいモザイクですね~
自然な色合いも素晴らしいです!
オリオンは何時もトラペジウムの白飛びに悩まされますが
淡い部分をこれだけ出されて、かつ白飛びを留められているのはサスガ!
ナイスポチです!

No title

ふにゃ太郎さんどうも~。恐らく自分でもここまでうまく画像処理できることは、もうないかも知れません。まぁ、マスクの作り方なんかを覚えたので、他の被写体でもどこかで試して見たいとは思います。
画像処理教室、やりましょうよ~(^^;
ふにゃ太郎さんのオリオン、楽しみにしておきます!

No title

Namさんどうも~。いやいや、お褒め頂ありがとうございます。今回、露出は1分だけだったのですが、それでもガイドずれはそれなりにあります。面倒なので撮影した6枚全部使っちゃいました(^^;
元画像は、とてもお見せできないぐらい流れてます!(^^;;。モザイクはうまく繋がってくれているのですが、この辺はPhotoShopElementsのPhotoMergeのおかげですね。今回は手動で繋がないと何故かうまく行かなかったのですが、バラ星雲の時も活躍してくれてます。
マスク処理がうまく行ったので、今回は明るい部分の処理が思っていた以上にうまく行きました。淡い部分は何度かやり直したんですけどねー(^^;;いや正直疲れました…

No title

かいなおさんどうも~。色合いが自然なのは、やっぱりホワイトバランスを少し気をつけているからでしょうか。ノーマルカメラならでは、というところもあると思います。彩度はかなり上げてありますけどね~(^^;
今回もトラペジウム部分は真っ白になっていますが、マスク処理のおかげで、比較的明るい部分までなんとか表現することができました。やってみるもんですね~。他の被写体でもまたチャレンジして見たいとおもいます。

No title

UTO
これは綺麗ですね!
ノーマル機ならではの色彩の豊富さ、美しさが絶妙です!

No title

UTOさんどうも~。このM42ぐらいメジャーになると、上級者の皆さんはあまり狙わなくなるので、少し穴場かな…(^^;
今回は色合いでも彩度をかなり上げて楽しんで見ました。本当はもう少し色乗りさせたいのですが、淡い部分を出そうとして少し色がなくなっちゃいました。でも、おっしゃるとおり、ノーマルカメラならではの色合いになっているとは思います。もう少し色を抜くと、眼視に近いかなー。

No title

まい(*゚∀゚)ゞデシ!!
これも綺麗~☆

よし、次はこちらを背景にさせて頂きます~ヽ(^o^)丿

No title

まいさんどうも~。こちらは前回のバラ星雲よりムリが無いので、画像の荒れ方は大人しいと思います。青い部分もあってカラフルなので、壁紙にするならこっちの方がいいかもしれませんね~。
少しずつ腕を上げて、他にも壁紙にできそうなのを撮影&処理できるようになっていきたいと思います。
非公開コメント

トラックバック