ふくろうと 銀河の出会う 春が来る


 はい、2月16日の撮影銀河シリーズ、まだあります(^^;。こちらはやはりおおぐま座の、今度はカップの部分ですね。底の辺りにあるM97、ふくろう星雲(左下の緑のヤツ)と、M108銀河(右上のヤツ)です。この二つは800mm+APS-Cで撮影すると丁度良い感じでセットで収まってくれます。というか、それぞれ単体では淋しすぎますね(^^;
 この辺が撮影できるようになると、やっぱり春が近づいているなー、という気がします。まぁ、明け方には、もう、さそり座も昇ってきているんですがね。
 この辺は毎年撮影しつつある対象になってきているので、本当はもう少しマイナーなヤツも狙えるようになりたいんですが、まだ「撮りたいリスト」を作っていないので、チャンスがあってもまだまだ撮影できないんですよね。西丸さんとかを含めて、ちゃんとリストをつくっておかないとだめかなー。
 
Canon EOS60D Vixen R200SS+コマコレクター1(800mm F4.0 120sec x4 ISO 6400)
VixenGPD赤道儀ノータッチガイド YIMGでstack+PaintShopPhotoとIrfanViewで調整

関連記事

コメント

No title

****
広がりのある画角でなめらかなふくろう星雲と、M108銀河見事です!
ノータッチでも星が流れてなくて星像もバッチリですねっ。

No title

かいなおさんどうも~。画像処理のごまかし技だけは、少しずつ上達してるつもりだったりします(^^;
TNKだと、赤緯が大きくなるほど有利になるので、こんな風に北の空は比較的歩留まりもいいんですよね。赤道付近でもこれぐらい撮れればいいんですけどねー(^^;
非公開コメント

トラックバック