北風を 空へと導く 滑走路


 早咲きの河津桜が植えてある公園は、河川敷に面していて、そこには石畳のステージの様なものがあります。いや実際秋口の夜の祭典の時にはステージになるんですが。春先に合わせて河川敷の草がほぼ全て刈り込まれた状態で、このステージの回りもすっきりしてました。西の空にわずかに残った雲を使って、なんとかドラマチックトーンを表現したくてこの場所を使ってみました。石畳はモノトーンな感じがするので、ドラマチックトーンで表現すると見事にハマるんですよね。白黒モードにしたような感じになります。一方、空は少し青空が残っていたので、彩度を上げてみました。気になったのは、というか自分でどうしようもないな、と思ったのが水平。何度か撮影してみたんですが、うまく水平が取れません。E-5と比較して、このPL5には水準器が無いようです。どうも、この辺はE-PnやOM-Dとの差別化のため搭載していないようですね。ちょいと残念ですが、腕でカバーするしかありません…実際は、カバーし切れなかったので(^^;、この際なので少し強めに傾いてしまったのを表現として使ってみました。一部の敷石は反射するぐらい磨かれているので、ちょっと面白い雰囲気になってます。

OLYMPUS E-PL5 PanasonicX VARIO14-42mmF3.5-5.6ASPH.(14mm F8.0 1/1250sec ISO 200)

関連記事

コメント

No title

****
石畳と空が凄くマッチしています!
ドラマチックトーン、カッコイイですよ~

No title

ふにゃ太郎
斜めに撮ったところが、下から見上げた雰囲気が良く出ていますよね。
ドラマティックトーンは、モノクロ写真をとても硬調に焼きあげたような印象を受けますね。
これは良い写真ですよ、ナイスぽち!

No title

かいなおさんどうも~。E-PL5のドラマチックトーンも、いい味出してくれました。実はE-PL5になるとドラマチックトーンも種類があるはずなんですが、まだ探せてません(^^;
しばらくはこのカメラで遊んだ写真が多くなると思います~

No title

ふにゃ太郎さんどうも~。本当は水平を出すつもりで撮影してたんですが、うまく行かず、どうせなら思いっきりナナメってるやつで強調しちゃえー、と、やってみました(^^;。これはこれでいい味出してますよね?
実は、ドラマチックトーンそのものだけでは少し物足りないので、彩度もコントラストも少し上げてます。高調焼き上げだけであれば、ラフモノクロームの方が極端なんですが、色が出ないので、ドラマチックトーンの方が楽しかったりします。

No title

ろざりお
使いどころ・・に
バッチリ合ってる感じです

nice

No title

ろざりお
いや、一瞬滑走路に忍び込んだのかと思いました・・(;・∀・)

No title

ろざりおさんどうも~。使いどころがバッチリ合ってるかどうかは…微妙かもしれませんが、こんなのもアリですよねー。
空港の近くにいるろざりおさんなら、そんな事も考えるかもしれませんね。残念ながら空港ではないのですが、そんな風に見えたのでタイトルにしてみました。
そーいえば、近所に空港があったなぁ。ラジコン飛行機の…
非公開コメント

トラックバック