夕暮れを 感じつつも咲く ホトケノザ


 ひきつづき、17日に撮影したほんわか春の花シリーズです。こちらは、家のすぐ近くのあぜ道に咲いていたホトケノザ。実はこの場所は真冬に良く霜を撮影する場所でもあります。マクロレンズさえあれば、田んぼのあぜ道は一気に撮影フィールドになってしまうんですよね。本当に不思議な世界です。
 で、公園よりもこのあぜ道にいっぱい咲いていたホトケノザ。ピンクになった一角にカメラを向けてみると、前後に重なった花がいい感じにボケを作ってくれるので、思わずツッコミを…違いますね(^^;;思わず縦に並べて撮影してしまいました。丁度夕暮れ時で、ほのかに差し込む西の光がホトケノザをやさしく透かしてくれます。ちょっぴりあったかい、そんな心地よい風が吹いていました…
 …そーだった!風が吹いてたんですよ。もー、ピント合わすのにどれだけ苦労したか…。実際、他にも色々撮りたかったのですが、あまりの風に途中であきらめて帰ってしまいました(^^;

OLYMPUS E-PL5 M.ZD 45mmF1.8(F2.2 1/1000sec ISO 200)
ケンコークローズアップレンズNo.4 トリミング

関連記事

コメント

No title

mamadakku
こんばんは~

ホトケノザが、可憐なかん時でとれていますね~
それも,存在感があって、透明感があって!

すばらしいですね!

No title

mamadakkuさんどうも~。即レス(3分!)ありがとうございます。
この花はすごくちっちゃいのに、存在感はあるんですよねー。
最近はレンゲを見つけることも難しくなってきたので、こちらの花の方が手軽に撮影できます。
透明感が出たのは、半分偶然でしたが、光の具合がラッキーでした。
この週末は少し天候があやしいんですが、4月にはまた色々撮影したいと思います。

No title

****
今日のマクロショットも色彩も美しくてナイスですね!
マクロレンズが欲しくなってキタ━(゚∀゚)━!

No title

ふにゃ太郎
淡いホトケノザの透明感がいいですね。
なんだか最近、お仲間内でマクロショットをたくさん見かけるような気が..

マクロレンズがあると、普段なら見過ごすような小さな領域が
ワンダーランドへ変貌しますよね。ほんとに撮影していて楽しい世界です。

No title

ちゃもちゃも
こんばんは、初めてコメントさせていただきます。
ホトケノザはほとんど雑草って感じでよく見かけますが、マクロで拡大するとこんなに魅力的なんですね。ビックリです!(◎_◎;)。
今度機会が有ったらじっくり観察してみます。マクロレンズやっぱり必要かなぁ?ナイス!ポチ♪

No title

かいなおさんどうも~。彩度を上げてやると、テキトーに撮った写真でもそれなりになってくれるので、結構便利です(^^;。OLYMPUSなら手振れ補正も結構強力に効くので、これまたテキトーに撮れるのも楽だったり
テキトーな人間になりそうだ(^^;
こちらのレンズはマクロでは無いんですが、それっぽい感じになりました。やっぱり本物マクロがいいですよー、と、背中を押す(^^

No title

ふにゃ太郎さんどうも~。いやー、マクロショットを見かけるのは、やっぱり春だからでしょー。
ちうか、天文仲間だと、やっぱり中望遠はマクロの性能がいいんですよねぇ。春になって花が増えてくれば、自然と花にもレンズが向く…のはいいんですが、ちょっと物欲刺激しすぎですな(^^;;

No title

ちゃもちゃもさんどうも~。コメントありがとうございます!
ホトケノザは寄って撮影すると面白い形をしていることもあり、結構被写体としてはいいですよー。
ふにゃ太郎さんも言ってますが、マクロレンズは一つあると、本当にワンダーランドが広がります(^^;
ま、とりあえずこんな風にクローズアップレンズを使うだけでもだいぶ違うんですけどねー。
非公開コメント

トラックバック