暁を 待って昇るか 恋の味

先週土曜日は久々の終夜出撃だったのですが、夜露にやられたりバッテリー終了だったりで、レモン彗星が見えているのをスッキリ忘れていました。覚えていればもうちょっとがんばったかもしれません。
 
で、月曜日の夜は予想よりかなり晴れたようで、これなら朝方のレモン彗星も見えるかも、ということでとりあえず車に一式を積み込んで、後はカメラと筒を持ち出せば出撃できる、という形でスタンバイして寝ました。ブログを書いてたら寝たのが少し遅くなったのですが…(^^;
 
朝3時、目覚ましでかろうじて起きるものの、土曜日の疲れも残っていてかなりしんどい…むー、こりゃ、ちょっとでも曇ってたらヤメにしよう…と思ってベランダに出てみます。
 
…雲ひとつ無い完璧な天の川…
 
マヂっすか。なんでこれが週末に来ないかな…(;_;
どっちにしても、ここから出撃するには着替えてカメラ積んで移動して極軸合わせて…となると、体力的に相当しんどい。ここは無理をせず寝るかな…と思って東のほうを見ると、ペガサスの四辺形が登ろうとしてます。あれ、ベランダから見えるぢゃん…
 
急遽予定を変更。ベランダからレモン彗星を狙います。フォトガイド2をセットして、200mmの望遠レンズと60Dに付けて、フォトガイドに…あ、あれ?自由雲台が無い!
 
そーいえば、念のため機材バッグに自由雲台を2つとも放り込んだままです。仕方が無いので、とにかく機材バッグだけでも車から出してきました。これでとりあえずベランダ撮影はスタンバイできますが、いかんせん極軸は全然合わせてない状態ですので、露出はそれほどかけられません。30秒だけでがんばってみます。なので、絞りはF2.8の開放。周辺画像に無理がありますが、とにかく写ればいいや状態です。
 
70mmでまず位置を確認し、200mmで真ん中辺に入れます。しかし、自由雲台で調整するのでなかなかまんなかに来ません。そうこうするうちに薄明が始まってしまいました。しかも、極軸がきちんとあって無いので、30秒露出でもガイドはズレてます。だめぢゃん。
 
す(し)っぱい彗星

Canon EOS60D SIGMA 70-200mmF2.8EX(200mm F2.8 30sec x6 ISO 3200)
VixenPhotoGuide2ノータッチガイド YIMGでstack+PaintShopPhotoとIrfanViewで調整
 
まぁ、ここまで縮小すればガイドずれは分からないかな。右端の少し明るい星がペガサスのγ星です。なので、どっちかというと左側が北になるのかな…
かろうじて尾みたいなのも写ってます。今のタイミングだとパンスターズ彗星より明るいようで、双眼鏡でも位置はわかりました。尾までは分かりませんけどねー。
やっぱりこの大きさだと、直焦点で撮りたくなる大きさです。チャンスがあれば狙いたいんですが、この週末は天気悪そうなんですよね。残念…
関連記事

コメント

非公開コメント

トラックバック