暑さにも 余裕を見せる 鎌の虫


 はい、夏空を少しだけ一休みして、カマキリです。このカマキリ、撮影するためにぐぐーっと寄っていっても、ほとんど逃げる気配がありません。まぁカマキリはたいてい逃げなくて、むしろ向かってきそうになることが多いので撮影するにはいい被写体なんですけどね。
 で、このカマキリ、よく見てもらうと分かるのですが、おなかが見えています。どうやって撮影しているのでしょうか?
 正解は、ガラス越しです。玄関の透明なガラスの上をカマキリが歩いていたんですね。どうやってそんなツルツルのガラスの上を歩けているのかは、私もわかりません。たぶんこのカマキリ君(さん?)にも分からないとは思います。とにかく、ガラス越しに正面から見て撮影してます。おなかの辺りがなーんとなく白っぽいのは、ガラスの汚れが見えてるんですね。まだ幼虫の段階ですが、もう少しすると、もっと立派なカマキリが出てくるとは思います。蝉も含めて、昆虫の季節ですね。

Canon PowerShotS110 CanonZoom 5.2-26.0mmF2.0-5.9(12.6mm F4.0 1/60 ISO 80)デジタルテレコン

関連記事

コメント

No title

ひめ
(。♋ฺ‸♋ฺ。) エ━━━(;゚д゚)━━━・・えー
カマキリ
ウー c(`Д´c)
ヤダヤダ ゙凹○゙ ヤダヤダ

No title

****
カマキリは逃げないので撮影し易いですよね~

そう言えば昨年の冬に我が家の庭に有ったカマキリの卵、どうなったかな~
もう皆巣立った後だろうなぁ

ちなみに私のところではカマキリが卵を産み付ける高さでその年の積雪量を予測します。
これが結構精度良いんですよ!!

No title

ひめさんどうも~。え、カマキリ苦手でしたか、これはまた失礼をばしました~。
次は、もっと大きなカマキリの写真にしますね。え?違う?(^^;

No title

かいなおさんどうも~。いやほんと、バッタとか蝶とかに比べると、撮影しがいのある昆虫ですよね。
カマキリの卵と積雪量、どっかで聞いたことはあるような気がします。やっぱり精度はいいんでしょうか?。ということは、去年の卵は結構高い位置だったのかな-?
非公開コメント

トラックバック