秋空の 下で広がる 愛の歌

 愛媛から鹿児島に行く際、使っているのが八幡浜-臼杵間のフェリーです。先日、体育の日にここ、八幡浜港に来てみると、なにやら新しいイベント広場が出来て、にぎやかな音が聞こえてきています。混雑を避けて早めに到着したこともあって時間があり、少し覗いてみました。


Canon PowerShotS110 CanonZoom 5.2-26.0mmF2.0-5.9(10.45mm F4.0 1/1250 ISO 160)

以前から何かイベント広場になるような工事はしていたのですが、どうやら「道の駅 みなとオアシス」というところになったようです。そこのオープニングイベントをやっているようで、行った時は丁度「メロディーラインへおいで」という歌のコンサートをやってました。メロディーラインというのは、佐田岬を走る道路の愛称です。山の尾根を走るこの道路、結構眺めがいいんですよね。



この歌も、いかにもふるさとの歌、という感じではありますが、なかなかノリも良くて歌いやすそうな感じでした。動画は、サビの部分だけですが、ノリの良さだけでも分かってもらえればと思います。一緒に踊っている両端のあやしぃゆるキャラ(手前はゆるキャラぢゃないか…)がなんとも言えませんが、ノリノリで歌っているのでまぁいいでしょう(^^;

で、出店コーナー(軽トラ販売)もあったのですが、そこで早生ミカン500円つめほーだいをやってました。まだ青さが残るミカンですが、当然摘みたてなので香りもいいし、かつ甘みもあっていい感じでした。JAの方がやってたこともあり、入れられた袋には「愛媛産には愛がある」の文字が…。このロゴ、最近あちこちで見かけます。お気に入りの文字だったりします。
関連記事

コメント

No title

もうちゃん
こんばんは
確かに愛媛には愛がありますね。
愛媛で好きなのは、佐賀関から愛媛に渡って
車で走っていたら、道路に音がする仕掛けがあって
ミカンの歌が聞こえるのが楽しくて好きですね。
また通りたいです。
仕組みは、路面とタイヤの接触音を制御するものなんでしょうが
音階制御をどうしてるのか不思議です。

No title

もうちゃんさんどうも~。本日はお疲れ様でした。愛媛みかんはやっぱりいいですよ~。
メロディーを奏でる道路は、結構あちこちにあるみたいです。阿蘇の国道57号線にもあったのですが、道路補修で無くなってしまったようです。音階を出すのは、道路に細かく彫られている溝の幅で調整しているらしいですよ。こういうのは走っていても楽しいですよねー。
wikiに情報ありました
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%AD%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89
非公開コメント

トラックバック