足下に 木星従え 沈みゆく


 土曜日にE-PL5で撮影したふたご座の足下付近です。今回はバラ星雲のリベンジと、E-PL5での星野撮影チャレンジをかねて、2台体勢で望みました。E-PL5のレンズは7-14mmも少し使いましたが、基本は持っているマイクロフォーサーズで一番明るいレンズ、45mmF1.8です。フォーサーズレンズを含めればZD50mmF2.0Macroもあるのですが、確か青ハロが結構ひどかったというイメージがあるので、とりあえず今回はパス。まぁ、この45mmも赤ハロはあるのですが…。絞りとISOを変更しながら何種類か撮影しましたが、このエリアではとにかく赤いのがどれぐらい写るか、というのを確認するため、少しハロが出てもいいから、と絞りはF2.0までしか絞ってません。木星には盛大なゴーストが出てますし、輝星にはハロが出てます。ただこのハロ、左の方は青ハロ系、右の方は赤ハロ系と色合いが変わってしまっています。スケアリングがおかしぃのかなぁ。

 肝心の赤い星雲ですが、色々調整してみても、結局この辺が限界っぽいですね。モンキー星雲も写らなくはないのですが、かなーり苦しい気配です。やっぱりE-M1には勝てないか。

 ちなみに、過去にEOS60Dで撮影したものもありました。85mmなので画角が違いますが、比較で見てみるとこの辺かな。
http://blogs.yahoo.co.jp/genyakata/46615303.html

焦点距離の他に露出や空の条件は違いますが、やっぱりEOSの方が赤いのは写りますねー。光害カットフィルターとか使えばもう少し違うかも知れませんが。

OLYMPUS E-PL5 M.ZD 45mmF1.8(F2.0 60sec x6 ISO 1600)
Vixen PhotoGuide2赤道儀ノータッチガイド YIMGでstack+PaintShopPhotoとIrfanViewで調整

関連記事

コメント

非公開コメント

トラックバック