遙かから 届いた光の 激しさを


 先週土曜日は久々にじっくり撮影できた夜になりました。いやほんといい天気だったので、がんばってもう少し早く出かけられればなー、というところです。この辺は今後の課題ですね。じっくり撮影できたと言っても、まぁ、寒いのと眠いのとで1時過ぎには撤収したのですが(^^;。
 そんな中でも撮影してみたかったのが、M82に発見された超新星。M82(画面の上の不規則銀河)は、地球から1200万光年離れているそうですが、それでも超新星が発見されたヶ銀河としてはかなり近い部類になるそうです。確かに、色々ある系外銀河の中でもこのM81(画面下の銀河)とM82は比較的明るくて大きい方なのはそうなのですが…宇宙広っ(^^;;
 で、これぐらい北天の銀河だと、露出を3分ぐらいまでがんばれば結構明るく写ったりするのですが、今回はM82の超新星狙い。しかも銀河の中に埋もれてしまいそうな気配だったので、露出はほんのちょっとだけ控えめの2分。しかも画像処理でコントラストを上げた方が見栄えはいいのですが、これまた超新星が銀河に埋もれてしまうので、慎重につぶれないように注意して仕上げてみました。
 一昨年…だったかな?もM101に超新星が出て話題になりましたが、年に一つぐらいはこうした話題があると面白いなー。とりあえず、話題の超新星が撮影出来たのはよかったよかった。

Canon EOS60D Vixen R200SS+パラコア1(920mm F4.6 120sec x6 ISO 6400)
タカハシEM200赤道儀ノータッチガイド YIMGでstack+PaintShopPhotoとIrfanViewで調整



ただ、また後で話題にするつもりですが、実は結構ガイドずれが問題になってます。TNKなのでガイドがある程度ずれて歩留まりが悪くなるのは仕方ないのですが、歩留まりどころか、全部が同じ方向にずれているのです。ずれ量が比較的少ないのでブログで使う分には問題無いのですが、拡大して見るにはちょっと…という状態です。さてさて、原因は何処に…

関連記事

コメント

No title

nam_world
これはバチッチリいい感じですね!
ガイドズレですか、これくらいの大きさなら全然分からないですけど、ズレの原因が分からないのは気持ち良くないですね。頑張って突き止めてぐだざいー。
とりあえず私も撮影再開で、同じの撮ってきました。5分4枚ほどですが。

No title

Namさんどうも~。こいつはやっぱりみんな撮影してたんですね。もうぼちぼち見にくくなってきているみたいなので、撮影するのは今のうちかな~。
ガイドずれは、見た目は極軸ずれなんですよね。なんとか原因は突き止めたいと思います。詳しくはまた出しますね。
非公開コメント

トラックバック