3分間 ぐるっと回れば 子持ちかな (M51子持ち星雲)


Canon EOS60D Vixen R200SS+パラコア1(920mm F4.6 180sec x8 ISO 6400)
タカハシEM200赤道儀ノータッチガイド YIMGでstack+PaintShopPhotoとIrfanViewで調整

 22日の夜に撮影したりょうけん座のM51、通称子持ち銀河です。3分露出ならもう少し淡いところも出ないかなぁ、とも思ったのですが、以前撮影した3分露出とかと比べても遜色ないですね。8枚がんばったというのもありますが、そこそこの写真にはなっているようです。もう少しシャープネスをきつめにかけてもいいかもしれませんが、面倒なのでとりあえずこの辺まで(^^;

TNK(て・ぬ・き)のノータッチガイドだと、どうしてもピリオディックモーション等の影響を受けるのですがその辺の影響は移動距離の多い赤道付近で最大になります。なので、北天だとその辺がかなり緩和されて、ずれがあってもあまり目立たなくなるため3分露出もできるのですが、今回、EM200で撮影したこいつは、かろうじて使えた、というレベルになってしまいました。合成した完成写真だけでは目立たないのですが、それはスタックに使ったYIMGの「ノイズ除去」機能がうまく働いてくれたからのようです。この機能、要はシグマクリップなのだとは思いますが、ガイドずれがあると、そのずれた部分をうまく消してくれるので、ずれが目立たないようです。



 では、実際に今回どれぐらいずれてたか、というを見たのがこれです。


通常は星に合わせてスタック(実際はソフトがやってくれる)するのですが、これは画像を星に合わせずにそのまま重ねたモノです。8枚、24分(実際はインターバルもあるので28分ぐらいかな)分のずれ量になります。これまで使ってきたジーナさんとかだと、ピリオディックモーションの東西のずれはそれなりに出たり出なかったりしてたのですが、今回のEM200はそれとは全く違うずれの気配です。3分露出をしたすべての画像が同じように右下に向かってずれており、それぞれの差がほとんどありません。ピリオディックモーションなら行ったり来たりが分かるはずなのですが、今回のは完全に一方方向に進んでいます。
 ということは、これ以上の露出は不可能(ずれが目立ちすぎる)し、解像度も今以上は上げられない(必ずずれる)ということになります。これは困った。

 ちなみに、これとは別に西側(南西方向)の被写体を撮影したときも同様のずれが見られました。やっぱり右下(南西)方向に向かって星がずれて行っています。はてさて…

実は、EM200を導入した頃に鹿児島で撮影したときはこうしたずれは気がつきませんでした。また、以前ふにゃ太郎さんに借りたEM200でもこんなことはありませんでした。ふにゃ太郎さんの機体ではピリオディックモーションは分かったんですがね。

 東西だけならモーターの速度が狂ったとか色々考えられるのですが、南北もずれているので、やはり怪しいのは極軸でしょうか。ただ、今回は極軸望遠鏡で「きちんと」合わせてるんですね。

 いや実は、つい先月までEM200の極軸の合わせ方をよく分かって無くて、これまでは水準器を合わせるとき、経度調整用の固定ねじを緩めて合わせてました。これはすなわち、水平出しの意味が無いですよね(^^;(本当は、経度を合わせてから赤経体を回す)でも、ちゃんと写せてた?気がします。

 ということは、引っ越しの時かどこかで、極軸望遠鏡が狂ってしまったのかもしれません。考えてみたら、撤収前にもう一度北極星を導入してみたらもう少しはっきりしたんですよね。むー、しまった。

 まだ原因ははっきりしませんが、極軸合わせ不良が原因なら、逆にピリオディックモーションはほとんど目立たないことが分かります。5分ぐらい露出できるんじゃ無いかな…

 さて、このずれの原因、皆さんならどう解析します?やっぱり極軸のずれかなぁ、だとしたら、どうすればきちんと合わせられるでしょうか…とほほ-。

 ちなみに、ISASPCの中では、このずれは「ふにゃ太郎大魔神の呪い」ということになっています。本人は否定していますが、たぶん、呪いです(爆

関連記事

コメント

No title

アイちゃんです!
呪いね(^.^;
極軸望遠鏡だったら水平にして昼間の遠い景色を入れて赤経を180度回転させれば分かるんじゃないかな?
でも、EM200って極軸望遠鏡って調整できたっけ?
あとは、毎回北極星じゃない星に合わせてるとか?
アイちゃんタマにやりますよ。
EM200の極軸望遠鏡って倍率高いから導入するのって結構コツがいるのよね。
と言うことで、呪いって事にしておきましょう。

No title

アイちゃんどうも~。そうそう、極望のセンターは近々どこかでチェックしてみようかとは思ってます。ただ、お察しの通り、EM200の極望は調整できなさそうなんですよね。必要ならメーカー送りかなぁ。
EM200の極望の倍率って、9倍でしたっけ?。確かに高いんですが、北極星を間違うのは…1回しかしてない(はず)で、可能性は…どうでしょう。逆に、その程度であって欲しい気もしますが、もし間違っているなら、もっとずれそうな気もします。びみょー。

No title

UTO
子持ち星雲、綺麗に写ってますね!
EM-200の呪い、解けるといいですねー。
ドラクエみたいに、呪いを解いたら、なくなっちゃたりして(爆!)

No title

UTO
書き忘れました。一方向の流れなので、どっか締め忘れ、ないですかね?

No title

UTOさんどうも~。この呪い、なんとか説きたいのですが、かなり強力にかかっているらしく、鹿児島辺りまで行かないとうまく解けないかもしれません(^^;
一方向の流れなので、どっかが緩んでる可能性は否定できないのですが、1月に撮影してたヤツも同じようにずれていたので、やっぱり何か違う気が…
近くの星と間違えたとしたら、こぐま座のYildunが怪しいのですが、4等星ですし、すぐそばに違う星もあるので見た目で分かるはず…はず(^^;
非公開コメント

トラックバック