渡る前 残りわずかな 冬惜しむ

 先週の土曜日、昼間は比較的天気が良かったのですが、部屋の中にいると外から「ヒッ、ヒッ」と鳥の声がします。カワセミの声にも似ているのですが、こんな所にカワセミが来るはずも無いので、これはほら、ジョウビタキの声でしょう!ということで窓から体を乗り出して探してみると、はたして隣の公園で、枯れたランタナの木陰で鳴いているジョウビタキを見つけました。あまり逃げる気配が無かったので、もしかしたら撮れるかも…と、手持ちの最大ズームレンズ、E-5+ZE50-200mmを持ち出してチャレンジです。何故プロミナ五郎さんぢゃ無いのか、というツッコミは無視します。ピント合わせられる自信ありまへん(^^;

すまし顔のジョウビタキさん

OLYMPUS E-5 ZD50-200mmF2.8-3.5SWD+EC-14(283mm F5.6 1/500sec ISO 200) 結構トリミング


公園側に出てみると、幸いまだ木陰でうろうろしていました。地面に降りて何かついばんだりしていますが、そのうち、自分から6-7mしか離れていないベンチに飛び移ってくれました。慎重にあわててピントを合わせつつ、シャッターを切ります。鳥そのものが結構小さいので、最後はマニュアルでピントを追い込まないとうまく行きませんでした。それでもピントさえ合えば、さすがのE-5+ZDレンズです。結構な描写力を魅せてくれました。ジョウビタキをここまではっきり撮影出来たのは多分初めてだと思います。背景の金網がちょっと残念かな。

あまりにおすまし顔なんで、剥製かと思っちゃいますね。ちゃーんと動いてましたよ-、の証拠

OLYMPUS E-5 ZD50-200mmF2.8-3.5SWD+EC-14(283mm F5.6 1/500sec ISO 200) かなーりトリミング

この後、フェンスの上に飛び乗ったりしてうろうろしてくれたのですが、ふと目を離した隙にいなくなってしまいました。次に会えるのは、来年かもしれません。

関連記事

コメント

No title

まい(*゚∀゚)ゞデシ!!
2枚目の画像は明らかに玄さんに気付いた!って顔してますねw

No title

まいさんどうも~。あら見てたのね~ってとこですか?(^^;
いやこいつ、明らかにこちらが狙っているのは気がついているような雰囲気だったのですが、それほど怖がることも無く悠然とふるまってました。こっちを見てるとしたら、「こっち来んなよ!」とガン飛ばしているのかも…コワッ(^^;

No title

中米コスタリカの野鳥ガイド
こんにちは。目の周りが黒い鳥さんですから、撮影が難しいと思います。にもかかわらず、二枚ともしっかりアイキャッチが入って、素晴らしいですね。確かに、背景の金網よりは自然な緑の方が良いかと思いますが、身近な鳥と感じられますので、これで問題ないのではないでしょうか。ナイス!

No title

****
暖かい地方のジョウビタキはスマートですね!
こちらのはモフモフしてますよ^^

No title

ツユキさんどうも~。む、言われてみれば目の周りが黒いですね。実際には目にピント合わせるほどの余裕も無くて(^^;、体になんとかあったかな-、というレベルです。
あ!言われてみれば確かにアイキャッチが入ってますね!。背景は選べなかったのですが、このときは昼過ぎの太陽が射し込んでいたのでラッキーでしたね。
ナイスありがとうございますー。

No title

そらまめさんどうも~。そーいえばこっちの鳥はだいたいこんな感じですね-。冬場のセキレイなんかはブクブク太ったのがいたりしますが…(^^;
モフモフなジョウビタキも見てみたいなー。
非公開コメント

トラックバック