桃色に 水面を染めて 時染めて



 5月7日の連休明けに撮影した夕焼けでは、比較的風も穏やかで海も波はあまり立っていませんでした。いつぞやの完全ベタ凪というわけにはいかないので、さざ波ぐらいは立っていましたが、それでも静かな水面に写る夕焼けはいい感じでした。一通り撮影を終えて、暗くなりつつある海岸を去ろうとした時、水面に焼けた空が反射していました。普段撮影をする堤防先では今ひとつ分からなくても、堤防道路のある上に上がってくるとはっきりと分かります。その色の美しさにため息をつきながら、もう一度カメラを取り出しました。本当の色はカメラでは再現できていないかもしれません、それぐらい微妙で、神秘的な、まさにトワイライトの一瞬でした。神秘的な感じを残すために、少し青を加えてあります。ちょっとだけ、本物に近づいたかもしれません。

Canon PowerShotS120 CanonZoom 5.2-26.0mmF1.8-5.7(5.2mm F5.0 1/100 ISO 800)

関連記事

コメント

No title

○猿○
玄さん
とても綺麗なピンク色の海
素敵です・・・

No title

ななこ
こんにちわ☆

わぁ~きれいな穏やかな色ですね~

こんな風景が眺められるなんて
とっても羨ましいです

「瀬戸の花嫁」が歌いたくなりました

No title

つりんずさんどうも~。このピンクの海、いいでしょ。実際肉眼で見てても、「おおお~っ」となります。そんなにしょっちゅうは見ることができないのですが、どうも、今の時期に良く染まる感じがしますね。秋~冬は、また違った海になるような気がします。

No title

ななこさんどうも~。こちらでは雪景色を見ることはほとんどできないのですが、代わりに海が違いのが助かります。子供の頃は山の中(というか盆地)に住んでいたので、真っ赤な夕陽というのはほとんど見たことが無かったのですが、ここでは天気さえ良ければ色々見ることができるんですよね。
瀬戸ワンタン♪日暮れ天丼♪夕なーみこーなー味噌ラーメン♪あれ?
非公開コメント

トラックバック