送り火を 広げて聞こえる 里の盆

 久しぶりに、隣町の土居の花火大会に行ってきました。毎年お盆に開催されている夏祭りのフィナーレを飾る花火だそうですが、かれこれ6年ぶりぐらいです。地元、新居浜の花火大会も盛大なのですが、こちら土居の花火大会は比較的集まる人も少なめなので、かなり近くで余裕を持って見て、撮影できるということもあって、可能であれば行きたい花火大会の一つです。

Canon KissX5 SIGMA17-70mmF2.8-4DC MACRO OS(54mm F4.0 1/30sec ISO 1600)

 出発が少し遅れたので間に合うかな、と思ったのですが、余裕でした。今回は一人で来ていることもあり、なんだか荷物も軽々です。駐車場からチェアーとカメラを持って会場へ行き、まずは盆踊りの様子を少し撮影しました。雰囲気たっぷりでいいなぁ、と思いつつ、少し離れた花火が上がるすぐそばの道路脇へ陣取ります。既に夕涼みがてら座っている人も結構います。チェアーを広げて、座ってさあカメラを三脚に…さん…三脚、車に忘れたー!((((;゜Д゜)))))))
 どーりで荷物が軽いはずです。幸い、花火大会まではまだ少しありそうだったので、広げたチェアーはそのままに(田舎だし、取るような人はいません)一応カメラバッグは持って再度車まで戻り、なんとか三脚を持ってきました。汗だくです(^^;;

 で、いよいよ開始。発射位置は暗くてよく見えないのですが、どこから上がるのかなー、と思って三脚のパン棒を持って待っていると、いきなり、4カ所からブシャーッと上がり始めました。その広さ、角度にして100度ぐらいあるでしょうか。当然持ってたレンズでは収まり切りません。もう、笑ってしまいました(^^;


Canon KissX5 SIGMA17-70mmF2.8-4DC MACRO OS(17mm F10.0 7sec ISO 100)

 今年は3000発の花火が上がるということでしたが、色々工夫もされていて、見ていて飽きないし、驚きも多かった花火大会でした。なんせ近い!。EOS KissX5に、17-70mmがあれば事足りるだろうと安易に考えてたのですが、17mmでも完全にはみ出してしまいます。しかも、球数が少なめなので、画角調整をゆるゆるやっていたらその回は終わってしまいました。(4カ所ぐらいから上げているので、すぐに隣から上がり始める)

 写真はフィナーレの時に撮影し、比較的カラフルな部分を1枚選んだモノです。合成無しで、17mmの広角端で撮影してるのですが、やっぱりはみだしまくりです。
メイン会場から一番離れている所で上がるのが大きめなのが多かったので、もう画角はそこで固定です。で、4カ所から上がる花火は、動画でカバーすることにしました。今回は動画を全然考えていなかったので、カメラはPS120。コンデジです。


これだと、ピントや露出はオートにしかならないので、花火の雰囲気は半減ですが、フィナーレの連発花火はなんとか雰囲気は分かるかと思います。手ぶれ補正も効いてるみたいですしね。それにしても24mm相当の広角端でも全然足りず、やっぱりはみ出しまくりです(動画なのでもうちょっと画角は狭くなっていると思いますが)。なお、今回は2分ぐらいに押さえていますので、手頃な感じです。ぜひ、ご覧ください。例に寄って、全く編集してません。すんません(^^;

これとは別に、音楽とレーザー光線とでコラボした花火もありました。ちょっぴりセンチな音楽と、花火とが妙にマッチしていたりして、なんでこんなに合うんだろー、と不思議になったりもしました。こんなの、カップルで見てたらいい思い出になるんだろうなぁ。
関連記事

コメント

No title

ななこ
こんばんわ☆

盛大な盆踊り大会ですね

花火と一緒だと賑やかで良いですね~

私は今年は家から遠くの花火見ただけですが
玄さんの写真や動画見て
来年は一人でもお出かけしようかな~
と思いました

昔花火あの人と見たなぁ~なんて
想い出します
ちょっとせつなくなります

蝶の説明ありがとうございました
やっぱりアゲハ系なんですね
自然の様子を見られて貴重な体験でした

No title

ななこさんどうも~。この地区は数年前に合併して町から大きな市の一部になったのですが、その後少し縮小されるかも…と思ってたら、以前より賑やかになっているような気がしました。盆踊りの後はアイドル(地元アイドル?)か何かも来てたみたいで、盛大な音楽が鳴ってました。
一人花火もいいかもしれませんが、私の場合は撮影という目的があるものの、じっと見ているだけだと、さみしくなるかも…(^^;本当は私も…
生き物の種類は、普通に調べようと思っても名前が分からないとインターネットでも結構苦労するんですよね。ほんの少し種類、もしくは似たような種類をしっていると、そのとっかかりで調べることができたりします。やっぱり知っている人に聞くのが早いですな~。
非公開コメント

トラックバック