トンボかな 風読み雲読み 心読み



 お盆休みも終わりですが、ここにきて、ようやく少し晴れ間が見えました。なーんとなく涼しくなってきているような気がするのは、気のせいでしょうか。
 さて、写真の方は引き続いて先週日曜日の「ドラマチック」散歩。良くジョギングで通る水路の近くを今回はじっくり歩いて見ました。ここを歩いて通るのは初めてでは無いのですが、たまにじっくり見つめると、以外と被写体はあるもんです。このときはまだ台風11号の風が残る中、木々の影を必死で飛んでいる赤とんぼたちが目につきました。

 撮影したことがある方は分かるかと思うのですが、トンボの飛び方は一定しているようでその実ものすごくランダムです。普通に撮影したのではピントをあわすこともできません。なので、こんな時は必殺広角超接近ストロボモードを使います。ピントをマニュアルで30~50cmぐらいにしておいて、フードを外してストロボを炊きます。シンクロ限界があるので、こういうときはシャッタースピード優先が便利ですね。1/125ぐらいにしておくと、絞りもF16以上に絞られるので、結構な範囲にピントがあいます。

 で、後はトンボが飛んでくるのをひたすら待って、近くに来たときに手を伸ばして下から「えいやっ」とシャッターを切ります。気分はツバメ返しをしている小次郎ですね。もちろんトンボも素早いので、そう簡単に画面に収まってはくれません。この1枚は20枚ほど撮影して、かろうじて形が分かるものをトリミングしてみました。真下から見る飛んでるトンボ。ドラマチックトーンでいい雰囲気に撮影できたのは初めてかもしれません。

OLYMPUS E-5 ZD12-60mmF2.8-4.0(12mm F16.0 1/125sec ISO 200)ドラマチックトーン、トリミング



UTOさんもホームページの更新をしているようですが、実は私もホームページがあったりします。この画面の左側にあるカテゴリの一番下に、「このブログについて」というのがあるのですが、そこにリンクがありますが、本日更新したのは例のプロミナーについて。撮影結果はさんざん紹介しているのですが、ようやくハードの紹介です(^^;
 実は、ホームページは基本ハードウェアを紹介する場所として確保しているので、このブログはそのハードを使った結果(写真)の紹介場所として使っているんですね。ブログの方が更新が手頃なんで、その辺だんだんいいかげんになってきてますが(^^;
それでも、月に1回ぐらいは更新しているつもりです。更新頻度が落ちてきているので紹介できるハードウェアがだんだん古くなってきているのですが、まぁ、そんなもんでしょう(^^;

それにしてもすっきり晴れてくれません。昨日の朝と夜は強烈な雷雨に見舞われました。そんなに降った感じは無かったのですが、近くの水路が溢れるぐらいは降ったようです。こんなの久しぶりですよ。やっぱり今年の夏はなんか変だ~。
関連記事

コメント

No title

○猿○
玄さん
トンボ!!凄いです!!
結構近くで飛んでくれてたりするので
いまだ全然だめです(笑)

No title

つりんずさんどうも~。そう、赤とんぼは群れの中にいると結構近くまで寄ってきてくれたりするのですが、カメラを構えるより先に遠ざかってしまうので、こんな風に「偶然」を狙うしかありません。いや、人によっては狙えるのかな…(^^;
カメラは今でも十分使いこなしてますよ~。恥ずかしがらずにバシバシ撮影してやってください~。
非公開コメント

トラックバック