屋根の上 開く苔の葉 秋の花

 撮影会で訪れた市民の森の一角には、竪穴式住居の模型があります。大きさ的には実物大で、そのものを再現したのだと思いますが、どうしてもこうしたものは手入れが難しいのか、ちょっと荒れているイメージでした。うーん、これは被写体にはなりにくいよなぁ、と思いつつ近寄ってみると、その屋根になにやらびっしり生えています。


おそらく苔だと思うのですが、真っ赤な花?を付けたその植物は、屋根の格子と相まって不思議な空間を作り出していました。この写真だけを見れば、何を撮ったんだか全然わかんないですよね。それぐらい不思議な風景でした。

OLYMPUS E-PL5 LUMIX G VARIO 14-140mmF4.0-5.8(41mm F5.6 1/160 ISO200)

関連記事

コメント

No title

mamadakku
こんばんは~

こういうのっていいですよね~!

まあ、自分の家だと大変でしょうけどね~!

苔の花?って、中々見る機会がないから、凄いですよね~

No title

○猿○
げんさん
屋根に生えている苔なんですか!?
花がついてるんですね・・・
初めて見ました

No title

mamadakkuさんお久しぶりです~。このコケ?植物は本当に意外な感じでした。確かに、こんなのが家のヤネに生えてたら、ちょっとヤバいかもしれませんが(^^;;
この赤いのは、もしかしたらコケの花ではなくて、キノコ系の菌糸の傘なのかもしれません。詳しくは不明です~

No title

つりんずさんどうも~。おそらくこの屋根は茅葺きか藁葺きなので、何が生えても不思議は無い状態だと思います。これだけびっしり生えていると、もう何を葺いているのかかさえわかりませんが(^^;
コケの花だと、普通はもっと地味なはずなので、菌糸系のキノコかもしれません。誰か教えて~(^^;;
非公開コメント

トラックバック