むせび鳴く 大気の声を 雲に出し


いやもう正直な所ネタ切れです。ここのところ暑くてあまり撮影らしい撮影をしていないこともあり、あまりネタがありません。ブログネタのつもりで何枚か撮影していたデータが飛んでしまったこともあり、しばらくは苦労しそうです。この際なので少し前のデータを引っ張り出してみようかなと企んでいます。とりあえず今回は、この暑い暑い夕方に撮影した空の雲です。今にも振りそうな夕立雲と、青空が同居していて、その隙間から光芒がほんのりと筋を引いてました。我が家からだと、どっちの方角を向いても誰かの家の屋根が入るか、電線が視野に入るため、きれいな夕日や青空を表現しようとすると、河川敷や海岸まで出る必要がありますが、この時はそこまでの元気が無くて家からの撮影でごまかしています。なので、それなりにトリミングしてますし、そのままだと真っ平らな写真になってしまうので、コントラストをかなり上げています。雲の写真だとやはり少し露出不足気味に撮影して、コントラストを上げた方がそれっぽく出るようです。
Canon EOS30D SIGMA 24-70mmF2.8EXDG(70mm F5.6 1/3200sec ISO 100)

 カメラネタつぶやきですが、リコーが予定通り?、Caplio R7をリリースしましたね。( http://www.ricoh.co.jp/dc/caplio/r7/ )ぱっと見た目、ロゴの位置以外はほとんど変わっていないのですが、画像処理エンジンが変わって、高感度でのノイズが減っているようです( http://3710km.com/dairy.html )。実際、筐体が変わったまるっきりの新バージョンよりも、こんな風にマイナーチェンジした場合の方が充実した物になる可能性は高いのですが、さすがに今から買い換える気はしませんので、少なくともあと1年ぐらいは今のR6を使い続ける予定です。今のデジカメの進歩を考えると、1年後には、あっと驚くようなデジカメが出ているかもしれません。実際、2年ぐらい前までだと、コンパクトカメラで1200万画素だとか、顔認識だとかは思いも寄らなかったので、少なくとも個人的には楽しみだったりします。付けて欲しい機能としては、せっかくの液晶なので、ワンセグTVぐらい見たい気がします。その昔はMP3が聞けるデジカメも珍しくは無かったのですが、最近はすっかり姿を消してしまいました。需要はありそうだけど、コスト的に難しいのでしょうか。

関連記事

コメント

非公開コメント

トラックバック