楠の葉が 五月の空にも 輝いて

GWに実家に帰った際に、地元の神社にも少し寄ってみました。ここには藤棚があったと思ったので、藤の撮影ができないかな…と思ったわけです。そういえば昨年はGWに大三島に行って見事な藤棚を撮影したなぁ。


で、肝心の藤はいまひとつだったのですが、いつもの楠の大木が気になりました。昨年よりは明らかに樹勢が良く、見事な葉を茂らせていたからです。多分一昨年ぐらいに一度大がかりな剪定がなされて、去年はちょっと弱っていたのでは無いかと思うのですが、今年はいい感じでした。超広角を持っていなかったのは残念でしたが、24mm相当のこの画角でも、ドラマチックトーンを使うと、いい感じに写ってくれました。今年はGW中の天候が比較的良かったのですが、この日も青空が広がっていました。青空にクスノキ、良く似合います。

OLYMPUS E-M5II M.ZD 12-40mmF2.8Pro(12mm F5.6 1/800 ISO 200)

関連記事

コメント

No title

sorayume
こんばんゎ!

青空の広がる良い気候にクスノキ 映えますね✨藤棚も興味深々!ですがこちらのphotoとても清々しい良い一枚ですね!気持ちが晴れます

今日も雨の一日でしたが明日もぜひ佳い日をお過ごしくださいね☆

No title

sorayumeさんどうも~。この青空はいい感じでした。実は藤の花も少し撮影していますので、なんとかそのうち出しますね(^^;
明日以降は週末までなんとか晴れそうですね。むしろ熱中症に注意かも~
非公開コメント

トラックバック