足下から 広がる花草 薫る夏

こちらは少し前、7月上旬に自転車で駅前まで足を伸ばした時に見つけた花畑、というか土手の斜面です。小さな花がいっぱいに咲いていました。


実は土手と言っても河の側とかではなくて、ここは古墳跡。以前は小高い丘のような形でほこらがある変な山という雰囲気でしたが、今は綺麗に整地されてこうした草花が広がる丘になっています。中途半端な木々の林は綺麗に整理されているので、見た目もおだやか…なんですが、真夏はさすがに暑そうです(^^;
駅の近くにあってトイレもあるちょっとした公園になっていますが、駐車場は無いので立ち位置としてはちょっと微妙かな。実はこの写真も本当ならなーんと無く過ぎてしまいそうな場所に、花がいっぱい咲いているのを見て「おっ」と思って立ち止まって慌てて撮影してたりします。普通に見ると下に向いて撮影していそうですが、これ、丘の斜面を撮影してるので、実際は上を向いていたりします。後からこうして写真を見ていても、なーんとなく不思議な感じがします。
そうそう、花の名前ですが、分かりません(^^;;

Canon PowerShotS120 CanonZoom 5.2-26.0mmF1.8-5.7(5.2mm F2.8 1/640sec ISO 125)

関連記事

コメント

No title

sorayume
おはようございます!


スクロールしたら 目に鮮やかな緑が 飛び込んできて 目が覚めましたょー!

本当 なんだか不思議な感じがしますね!下からのアングルなのに横から撮ってる?みたいな。
小さな花はなんだろー?可愛いですね!

今日も暑くなりそー!くれぐれもお気をつけお過ごしくださいねー!

No title

sorayumeさんどうも~。今回も例に寄って彩度を上げてあるので、グリーンが鮮やかです。はい。目が覚めましたか~(^^;
今日も暑かったのですが、明日もやっぱり暑くなりそうですね。外に出るのがおっくうになりそうですが、撮るぞ~の気合いででかけてきます!
非公開コメント

トラックバック