星空を 見上げる夢と ドラゴンと

昨日は天体望遠鏡博物館に行き、その帰りに毎年参加しているまんのう公園での星空Walk、星空紹介に参加してきました。天候がかなり不安だったのですが、観望会が始まると同時に晴れ始め、最後には天の川がくっきり見えるまでになっていました。


OLYMPUS E-M5II M.ZD 12-40mmF2.8Pro(14mm F2.8 20sec ISO 3200)

いや実は天の川は最後は見えたのですが、多くのお客さんがいらっしゃる場所に明るめの照明が用意されていた関係で、観望会の時間帯には天の川をはっきり見ることはできませんでした。写真は観望会終了後、撤収直前に暗い位置から撮影したものです。この場所そのものは標高200mほどある場所なので、透明度や暗さはいい場所なんですね。公園は夜間原則立ち入り禁止になるのでここを利用しての撮影はできないのですが、チャンスがあれば近くでの撮影してみた行きはします。少々遠いんですけどね(^^;

OLYMPUS E-M5II M.ZD 12-40mmF2.8Pro(24mm F10 1/80sec ISO 800)

集まった望遠鏡は相変わらずすごいのばっかりです。個人が使われているものが主なので、本当にさまざまなものが揃っています。観望会を行っている時は余裕は無いのですが、終了間際に少し他の望遠鏡も覗かせてもらいました。やっぱり30cm強の望遠鏡は見えるものが違ってきます。30cmのシュミカセで覗かせてもらったM22は、「うわ?散開星団?」と思ってしまうようなザラザラツブツブでした。今回持ち込んだのはR200SSとSXP、そしてドナルド君(ポルタ+SE120)だったのですが、やっぱり25cmでの観望もしてみたいなー。


…で、お疲れモードで帰ってきました。本日日曜日は、完全に寝て曜日でした(^^;

関連記事

コメント

No title

sorayume
こんばんゎ!

お疲れ様です!

とても綺麗に天の川✨

やっぱり少しでも光があると完全に綺麗な状態で撮れないんでしょうか?今年はまだ星撮りできてないので私もいってみたい!

本当にお疲れさまでしたゆっくり休まれて、明日からまた一週間よろしくお願いします☆

No title

sorayumeさんどうも~。天の川レベルになると、やっぱり近くに明かりがあると相当苦しくなります。この時も空には十分見えていたハズなんですが、もっと暗くしないとキビシイ感じでした。
天の川はだんだん見にくい季節になってきますので、今のうちにゼヒチャレンジしてみてください~
非公開コメント

トラックバック