広々と 空を眺める 車かな

愛車ガーネットスター号(Honda シャトルハイブリッド)も、納車してもう1年になります。年次点検に行ってきたのですが、目的のもう一つは先日発売になったフリードを見てみることでした。

Canon PowerShotS120 CanonZoom 5.2-26.0mmF1.8-5.7(5.2mm F2.8 1/250sec ISO 100)

なんでもハイブリッド車は少し遅れているらしく、とりあえず試乗車としてあったのはガソリン車。でもその中でも上のグレードで、Honda SENSINGが付いてます。しかもオプションてんこ盛りで、いたせりつくせりですな。試乗できますよ~、ということでさっそく走らせてみました。

運転席に座って気がつくのは、シャトルと違ってすごく開放的なこと。シャトルも決して狭い感じでは無いし、ジェイドとかに比べると視界も十分あるのですが、それでもフリードの視界の広さは別世界です。なんかバスの運転席に座っているような感じ。フロントガラスの大きさは圧巻です。3列シートの3列目は、ぱっと見た目座面が広い!?と思ったのですが、実は背もたれも小さいために相対的に広く見えるだけ。それなりの大きさでしたが、まぁ乗れます。子供には十分かな。6人乗りだとウォークスルーにもなるので色々便利かもですな。
メーター類は運転席のハンドルの上から見るかたちで、結構見やすくなっています。横長のメーターは色んな表示が一度に表示されていて、燃費メーターやらタコメーターなんかが全部一度に見える情報量。更に両端によくわからない飾り色まで付いていて、コッテコテです。速度はデジタル(数値)で、久々のデジタル表示はちょっと違和感があったかな。
走らせて2m。びっくりしたのはウィンカーの音。なんか音の種類も変えられるらしいのはステップワゴンと同じらしいのですが、もう音楽なんですが、「ふわぁんほわぁん」というような感じ(…だったかな、もう忘れた)で、思いっきり脱力してしまいました。。今回はそのままの音で行ったのですが、ウィンカーを出す度に脱力しまくりでした(^^;。バックの警告音も同じような感じで、なんじゃこりゃ~、ってなところです。デザインも飽きの来ない形、そして各所の収納スペース、子供向けの配慮やオプション、もう、「奥様仕様全開」な感じですな。

まぁその分ユーティリティ性は高くて、趣味の車として使ってもかなり使いではあるでしょう。長さもコンパクトなんで取り回しもしやすく、問題なのは値段だけってとこかな。
で、忘れてましたね。走らせてみました。ガソリンエンジンとCVTの組み合わせは自然で、パワーも不足感はありません。エンジン音は思ったよりかなり押さえられていて、車内はとっても静かです。ロードのイズの方が結構目立ちました。ハンドリングも軽く不自然なところは無く、ブレーキもガソリン車だからでしょうか。とっても自然。いい感じです。

走り始めて「こりゃぁちょっと…」と思ったのはサスの設定。かなりふにゃふにゃした感じで、道路のデコボコを拾うと、ひょこひょこします。ファミリー向けの設定なのでこれはこれで正解なのでしょうが、道路によっては酔うかも…。このサスの設定でカーブが来ると、ダレまくりなんぢゃ…と不安になったのですが、それはいい意味で裏切られました。山道のカーブを走らせても、ロールはほとんど気になりません。むしろ座席のサポートが足りんゾ、と思わせるほどしっかり走ります。まぁ座席はゆったり系の形状なのでサポートが足りないのは仕方ないのですが…。おそらくボディ剛性はしっかりもたせてあるので、サスの印象と違ってカーブはしっかり安定しているのでしょうか。意外と走れそうなイメージでした。

それにしてもジェイドの頃と違って、Honda SENSINGは随分と小型化されたなぁ、という感じです。運転席からだとルームミラーに隠れてほとんど目立ちません。シャトルにも欲しいぞ…。先代のフリードも結構売れているらしいのですが、今回のも売れるんだろうなぁ。ただ、価格帯は結構高いので、無理にファミリーカーでなくても…という人にはヴェゼルの方がおすすめな気配です。

さて、点検に出したシャトルですが、その後彼岸花を撮影に行く途中で、距離メーターが1万km丁度を示しているのに気がつきました。1年で1万kmです。普通な感じですが、1-2年前までは車で遠出することが減っていたこともあり、1年で1万kmを越えたのは久々な気もします。多分天体望遠鏡博物館や松山に行く機会が増えたからですな。それはそれでいい感じです。明日も天体望遠鏡博物館には行く予定ですが、ついでに彼岸花が咲いているところを探してみるかな~。


ええと、書き忘れの追記を少し。乗って1年のシャトルハイブリッドですが、数少ない不満点の一つをなんとかできないか、ということで今回フロントのスピーカーをオプション品に換えてみました。標準付属品でも音は十分聞こえるんですが、なーんとなく籠もっているような時もあって、特に男性ボーカルは騒音にかき消されることが多かったんですよね。で、交換した結果は…いやまぁ、正直明確な差、というのは分からないのですが、イメージとしては曇りガラスのベールが一枚はがれた感じ。全体的にクリアになったような気がします。ただ、その分フロントスピーカーが強くなった気がします。まだ試してないのですが、音場をセンターに持って行こうとするとリアスピーカーを強めにしなければならないので、結局またリアスピーカーも交換!とかになるかもしれません(^^;。とりあえずクリアに聞こえればそれほどこだわるつもりはないので、当面はこのままのつもりです。
関連記事

コメント

No title

sorayumeさんどうも~。新しいフリード、もう色んな所が徹底的にファミリー仕様になってて、見ていて笑ってしまうようなのもあります。でも、奥様方にはウケるんだろうな~ってとこです。
実はこの後、彼岸花もたっぷり撮影出来てますので、また出しますね~
非公開コメント

トラックバック