照らされて 月夜のオリオン 色淡く

昨日…いやもう、一昨日ですね。10月15日の未明に撮影したオリオン大星雲です。今回テストをしたかったR200SS用のコレクターPHですが、導入は9月上旬に済ませていました。装着テストもしてみて、ドロチューブに貼った植毛紙がちょっと抵抗になるけど、まぁなんとか撮影はできそうなのでとにかく試してみたい…と思ってたんですね。しかし9月は全く晴れず…

Canon PowerShotS120 CanonZoom 5.2-26.0mmF1.8-5.7(5.2mm F1.8 10sec ISO 1600)

結局、ようやくテスト撮影ができたのが15日の未明になってしまいました。しかもほぼ満月ですので、条件的には…晴れただけでもマシかな~。月没は4時ぐらいだったので、そこまで待てば暗い空が少しだけあるのですが、セッティングや帰りの時間を考えるとその時間帯での撮影は無理と判断し、とにかく星像のテストだけでもできれば、と撮影に踏み切りました。

Canon EOS80D Vixen R200SS+コレクターPH(760mm F3.8 60sec x6 ISO 3200)

しかし、出てきた画像は月明かりで背景が明るいため、真っ白です。画像を重ねて強調処理をして…と、なんとかオリオン大星雲の形は出てきましたが、どう見てもホワイトバランスがうまく行ってません。月明かりで空が真っ青になってるんですね。まあ、今回は色はこれぐらいで妥協してしまいましょう。もうちょっと頑張ればもう少し自然になるかもしれませんが、時間がかかりそうなのでここまで。

で、肝心の画像ですが、シーイングもいまいちだったからか、思ったほど星像は小さくありません。でも、周辺部まで均等な大きさで、なんとか合格範囲だと思います。そもそもフルサイズの大きさもカバーするはずなので、APS-CのEOS80Dで周辺画像が荒れてもらったら困るのですが(^^;

コマコレクターを入れると焦点距離が95%になるので、ほんのちょっと広くなって明るいので、オリオン大星雲も全景がスッキリ収まります。この構図は丁度良い感じなので、星像がしっかりしていれば、小さな対象も含めて色々使い勝手が良さそうです。しかし、ご覧の通りミラー切れ(ミラーの影)がかなり目立ちます。こうした影のことを考えるとミラーレスの方がアドバンテージはあるかな…次はX-A1でも試してみたいところですね。

関連記事

コメント

No title

sorayume
おはようございます!!


めちゃくちゃ 綺麗ですね✨
こんな綺麗に

素人にはもう堪らなくなるほど美しい星空✨ありがとぅございまーす♪

また雨のスタートです。今週もぜひよろしくお願いしますね!

No title

cil*08*
いいですね~
やはり、天文関係はCanonかFujiでしょうかね。^^;

私は、Olympus一筋なのですが、天文関係にはFujiのX-T1かX-E2もいいかなーと考えていました。ただ、Fujiはセンサーへのごみ付着が結構あるとのことで、躊躇しています。^^;

ま、E-PL6かE-M1 Mk2で頑張ってみます。(^^ゞ

No title

sorayumeさんどうも~。通常こうした星雲星団を見たり撮ったりすることの無い方から見れば、これでも十分かもですね(^^;
まだまだ満足いってませんので、月末に賭けて晴れればまた生きたいと思います。問題は週末晴れてくれるか…

No title

cilさんどうも~。天体写真は以前はCanonが一番良い!と言えたのですが、ここ最近は赤い星雲の描写がいまひとつになっちゃったので、FUJIがいい感じですね。Nikonも意外と良いみたいだし…OLYMPUSは以前と比べるとずいぶんと良くなってきているので、E-M1IIであれば、結構写るかも知れませんよ。

No title

アイちゃんです!
使いにくいFUJIのミラーレスで直焦点撮影する理由・・・ミラー切れが無いって所は有るわね。
ノーマルで色は自然だからWBも楽だけど。
M42とM45はFUJIでも良く写りますよね。

No title

アイちゃんどうも~。そうなんですよね。直焦点だとライブビューだけ、ってのはいろんな意味でチャレンジになるんですよねぇ。でも、このミラー切れが無いというのと低ノイズ、赤いのが写る、という点から中古でボディだけでも増強したいなー、というのが正直なところです。年末までには買ってしまいそう…
非公開コメント

トラックバック