差し上げた 力で呼び込む 秋の空


今年の新居浜祭りは雨交じりの天気でスタートしました、実際不安定な天候で、日曜日も明け方まで結構な雨が降っていたようです。でも、誰かの祈りが点に通じたのか、かきくらべが行われる9時過ぎから夕方まで、特段の雨は降らなかったようです。夜半から明け方にかけてはまた降ったようですが、昼間にあまり降らなかったのは幸いでした。


OLYMPUS E-M5II M.ZD 14-150mmF4-5.6(135mm F5.6 1/1250 ISO 200)

というわけで、比較的近所の河川敷のかきくらべには、自転車ではなく歩いて行きました。まぁ距離的にも近いし、いざ雨が降れば傘を差して…と思ったのですが、実は面倒なので傘さえ持って出ませんでした。天気予報は回復傾向でしたしね(^^;
太鼓台が河川敷に入ってくるまでを一通り撮影したのですが、この時点で既に11時を回っていました。ここからかきくらべが始まるのですが、それを全部見てたら午後の山根講演のかきくらべに間に合いそうもありません。入場での差し上げが少しさみしかったのでちょっと心残りでしたが、かきくらべがスタートして何台か演舞が行われた後で会場を後にしました。それでもここの会場は人の数の割には太鼓台が多く(今年は2年一度の勢揃いの年だった…かな)、撮影も比較的自由度の高い物でした。ということで今回も2枚紹介します。上の写真は房の色が青いのが特徴的です。この房の色はほとんどの場合白なのですが、いくつかの地区はこうした特徴的な色合いにしてあるものがあります。これも見事な差し上げでした。ただ、このときはちょっと会場の外から遠巻きに撮影しています。手頃な写真が撮れればそのまま撤収のつもりでしたから…

でも、見ている間に、思ったより会場内に人が少ないこと、そしてもっと近くで撮影したくてウズウズしてくることから、結局誘惑に負けて超広角レンズを構えて会場内で太鼓台にぐぐっと近寄ってしまいました。差し上げしている人から太鼓台の上、空までを入れてみると、差し上げする熱気が空まで届いたのでしょうか。そこには青空が広がっていました。


OLYMPUS E-PL5 LUMIX G VARIO 7-14mmF4.0(7mm F8.0 1/400 ISO200)

この写真を撮影するためには、太鼓台まで結構近寄っていますが、もちろんそれなりに配慮はさせてもらっています。なんせ2.5tonはあろうかという重量物が人の力だけで持ち上がっているので、ふらふらっと寄ってきたら大変なことになりかねません。差し上げしている人に踏まれてその(踏んだ人も、踏まれた人も)人が転んだりしたら大変です。
だいたい周辺のスペースが広いことを確認して、差し上げしている太鼓台が安定しているか、いざというとき逃げ場はあるか、などを配慮した上で近づかせてもらっていますが、実際太鼓台の周りにはかなりの人がいるので、結構いーかげんではあります。でも、そんな中でも太鼓台までの最後の1mぐらいは、誰も近寄りません。だからこそ皆さん安心して演舞ができるわけなんですけどね。幸い私が見たかきくらべの中ではけがをした人は今まで見たことは無いので、これからも安全を確保しながら楽しんで撮影したいと思います。まぁ、おっさんが太鼓台近くまで寄ってるのでその後ろの人はちょっと見にくい(醜い?)かもしれませんが、ずーっと寄ってるわけでは無いのでそこはご勘弁ください~(^^;

関連記事

コメント

No title

sorayume
おはょうございます!


本当に大迫力✨

差し上げ そうですよね!人がそんな大きいものを!本当に凄いっ!玄さん 配慮しながら いいshot✨流石ですね青空のもとの差し上げ かっこいいです!

今日もぜひ 佳い1日をお過ごしくださいね✩

No title

sorayumeさんどうも~。この差し上げ、ちょっと遠くから知らずに眺めていると、ほんの少し太鼓台が上がるだけなので、「ふうん」な感じなのですが、こんな風に思いっきり近寄って、その苦労の程が分かってくると、俄然面白くなってきたりします。
写真を撮るだけのつもりなのですが、だんだん引き込まれている自分がいたりして、なかなか楽しくなってきています(^^;;
非公開コメント

トラックバック