名月に 昴の雲も 淡くなり

14日の金曜日…というか15日の未明に撮影した月明かりのR200SSでの撮影第二弾です。この日は記録を見てみると、ほんの1時間ほど撮影しただけでした。まぁテスト撮影なんで、とりあえず撮れればOKなんですが…


Canon EOS80D Vixen R200SS+コレクターPH(760mm F3.8 60sec x6 ISO 3200)
タカハシ EM-200赤道儀ノータッチガイド YIMGでstack+PaintShopProとIrfanViewで調整


新規導入したコレクターPHの実力を測るには、やはり星団が良いだろう、ということで月明かりの下でもしっかり写るであろうと向けたのが例によって?M45、プレアデス星団ことすばるです。R200SSの800mm+APS-Cのカメラだと、丁度この星団がきちきちいっぱいに収まる(…いや、はみ出す?)ので撮影対象としてもいいんですよね。コレクターPHでちょっとだけ焦点距離も縮まるので、その画角を測るというのもありました。まぁ、これを見る限り星像はちょっと甘いんですが、周辺像も変にはなっていないのでまずは合格とします。某ポイントを使ってかなり安く導入できたとは言え、それなりの価格でしたので、これで使えなかったら本当にヤバい話です(^^;。スパイダーのキラリーンもいい感じなので、とりあえずこれで納得しておきます。

しかし、この焦点距離でもガスを含めて全部入れようとすると、ちょっと長すぎるかも知れません。その辺はもっと月の無い暗いところでしっかりガスを抽出できるほど撮影できないと分かりませんが、もう少し広く撮影するという意味でも、FUJIのミラーレスは使える可能性があるんですよね(Canonより撮像素子が少し大きい、というか、Canonが少し小さいんですよね…)


Canon PowerShotS120 CanonZoom 5.2-26.0mmF1.8-5.7(5.2mm F1.8 1/10sec ISO 1600)

ちなみに撮影風景はこんな感じ。空が明るいのは月明かりのためです。いつもの通り車のすぐ側に展開していますが、それでも色んなブツを出したり入れたりと忙しい感じです。今回は筒を2本入れ替わり立ち替わり撮影したからもっと大変でした。実は最後にちょっと大変なトラブルが待っていました。写真の三脚ですが、元々EQ6で使われていた三脚をEM200用に転用している関係で、固定ボルトが手作り状態なんですね(EQ6のボルトはミリネジ。EM200はインチネジ)。で、最後に外そうとしたら取手として付けていたアイボルトが緩んで取手の役目を果たさなくなりました…すなわち、赤道儀からこのボルトが外れなくなることを意味します。ひええ…

レンチがあればなんとかなったのですが、丁度この時は持ってきていなかったので、仕方なくボルトが繋がったまま車にそおっと乗せて、そのまま帰ってきました。そういえばこんなの2回目の様な気がします。どこかにレンチを積んでおかねば…

関連記事

コメント

No title

sorayume
おはようございますー!
!凄い!キラキラが✨すごい!

めっちゃ綺麗ですね

トラブル!取れなくなっちゃったんですか?!あらぁ


でもなんとか?

本当に綺麗なphoto✨ありがとうございますー!!再度!今日も元気に佳い1日をお過ごしくださいね~

No title

sorayumeさんどうも~。反射望遠鏡は一般的にこのスパイダーの「きらり~ん」がなかなかいい感じになったりします。特に明るい星の多いこの昴は目立ちます。でも、本当はこの星の回りにふわっふわのガスがあるはずなんですね。この冬の間にそれを何とか表現したいと思います…晴れろ~(^^;
非公開コメント

トラックバック