夕焼けに 黄金に輝く 苔と芽と

今日はちょっと冷たい雨が降ってましたが、昨日はいい天気でした。午後に出かけた黒島公園は、いまひとつ被写体が無かったのですが、帰る直前、桜並木の足下にある苔が気になりました。


もう夕暮れで、もう少しすると日没です。斜めから差し込む陽射しが、その足下の苔をいい感じで浮かび上がらせています。逆光で撮影すれば絵になるかな…と思ってローアングルで狙ってみました。肉眼で見る限りでは黄金色に輝く苔がなんとも言えない美しさを魅せているのですが、写真で撮影するとなるとなかなかうまく表現できません。そんな中でも、苔の合間に伸びている草の芽と組み合わせると、なーんとなくそれっぽい絵になってくれました。まだまだ寒いのですが、足下では、確実に春に向けての準備が進んでいるような気がします。来週は、いつもの梅の公園に行ってみるかな…

Canon EOS80D EF-S 18-135mmF3.5-5.6IS USM(135mm F5.6 1/250sec ISO 200) 

実はこの写真、ちょっと実験的な意味合いもあります。あまりに被写体が何であるかがあいまいになってしまっているんですね。一般に見て「コレもアリ!」と思ってもらえるなら、こうした写真ももうちょっとやってみたい気もしてます。が、「何、コレ?」と思える人が多いなら、この方向を無理してやってもなぁ、という気がします。難しいですな。



風呂に入るときに使うお湯を入れるヤツね

「まずは身体を流してザバーッと…ってそれは桶!。確かに水分は好きだけどこっちは苔!」

時々狂うんだけどね、最近は電波で全然狂わなくなってきたから面白くない

「電波モノは窓際に奥とかの工夫が…ってそれは時計!」

あれ、それ、どれ?

「…コレ」


…意外と難しいぞ(^^;

関連記事

コメント

No title

sorayume
おはよーございます!

苔って魅力的ですょね!こんな黄金に見えるもんですか?!凄いっ!
私は苔見るとよって撮りたくなりますが、マクロがないのでこうして見せてもらえるとあーなるほど~って嬉しくなりますょー

苔って難しいんゃ…

今週もよろしくお願いしますー☆

No title

sorayumeさんどうも~。苔も探せば色んな種類があるので、マクロができるならこれほど被写体になる身近な存在も少ないかと思います。楽しいですよー。
クローズアップレンズとかなら格安で買えますから、色々お試ししてみるのをオススメします。

…苔って難しいデスね(笑。多少難しいぐらいの方が面白いかも。
非公開コメント

トラックバック