振り向けば 金色の野を走る 列車かな

先々週行ってきた閏住(うるすみ)地区の菜の花の土手、実は、目的の半分(いや、半分もは無いかな…)はこのエリアの下見でした。チャリ・DE・四国2周計画は寒い間は完全に停止状態だったのですが、ぼちぼち暖かくなってきたので再開しようとしていたんですね。


ということで、本日、行ってきました。チャリ・DE・四国2周計画。前回は松山空港まで行けたので、今回はそこから、長浜大橋までを往復した形になってました。往復で80kmほどと、どちらかというと短めですが、今日は終了後にエミフルで月面観望会もあるので、ちょっと早めに切り上げました。

話がずれました(^^;。写真はその菜の花土手を帰り道に撮影したもの。行きの時は土手側に陣取って撮影をしたのですが、帰りは時間もあまり無くて、道路の反対側から、その土手の広がりを撮影するつもりで停車してました。そしたら、後ろからガタンゴトンゴーッっと列車の近づく音が!

こっこっこっこれはなんとしても撮影しなければ!と焦りまくり、なかなかカメラが出てきません。列車が土手の上にいる間にシャッターが切れるかどうかきわどかったのですが、なんとか3カットほどは撮影することができました。これはそのワンカット。列車は右から左へ動いています。キレイに植えられた菜の花のおかげで、列車は金色の野をしっかり進んでいくようにも見えます。

Canon PowerShotS120 CanonZoom 5.2-26.0mmF1.8-5.7(14mm F4.0 1/318sec ISO 200)

関連記事

コメント

No title

sorayume
おはょーございます!

春らしい一枚ですね
相当焦りますね 電車って

でも 本当に黄金の野を走る!って感じ いいなぁと思います✨

春はすぐそこ今週もよろしくお願いします☆

No title

sorayumeさんどうも~。この菜の花の土手は少し遠目に見た方がスゴさがわかる感じでした。春の伊予路を走ってきましたよ~。今週はコレで行きます。
非公開コメント

トラックバック