薄紅の 散る花くぐって 春の段

引き続き山根公園の観覧席です。ここは太鼓祭りの観覧席になるので有名なところですが、グランドのバックネット部分はこんな風に桜の枝が屋根になっているぐらい張りだしています。


曇り空で露出が難しくて、コントラストがどうしても稼げてないので、少し軟調に仕上げるとうすうすしてしまっているのですが、彩度を上げてまぁ、なんとかごまかしています。この後、そよ風が吹いたら花びらがかなり散って、それはもう幻想的な世界になっていました。昨年もここに来たのですが、このアングルでは撮らなかったかなぁ。また、来年は天気の良いときに来たいところです。

OLYMPUS E-M5II M.ZD 12-40mmF2.8Pro(15mm F8.0 1/200 ISO 200)



NikonがAPS-Cのスタンダードハイグレード(ってなによ)な一眼レフ、D7500を発表しましたね。画素数は上げず、その他はD500に次ぐ順当な進歩、というか大幅な進歩を遂げているようです。まぁ、どのみちNikonは多分買わない(といいつつ、一台借りっぱなしになってますが)ので、あまり興味は無かったのですが、なーんか拡張ISOだけは気になりました。

通常ISOの上限が51200で、結構高いんですが、拡張ISOはHi5で1640000相当まで可能
…ちょっとまて。なんかケタがおかしくないか。

1640000て、ひゃくろくじゅうよんまん?…ひゃ、ひゃくろくじゅうよんまん??

最初はデジカメWatchで記事を見たので、何かの間違いかと思ってNikonのニュースリリースも見たのですが、確かに1640000って書いてあります。

確かにHi5だから、最高感度(ISO51200)の5段上だと、百六十万にはなるのですが…。もう、何が何だか…
今は、ISO6400で天体写真を撮影してるのですが、もし、この1640000を使えば、8段上ですから、1分露出が、ええと…1/4秒!。4分露出分が1秒で済むことになります。もう、動画の世界ですな。

通常最高感度だって51200ですから、今普通に使っている6400の3段上。8分が1分で済む話になります。

…Nikon、考えようかな(ヲイ

関連記事

コメント

No title

sorayume
玄さん おはょーございます!


ホント幻想的な綺麗なphoto!
こんなところで ボッーとしときたいなぁ。
苔の緑と桜のコンのラストが

散りゆく桜もまだまだ愛でたいですね!

今日も佳い1日をお過ごしくださいね☆

No title

sorayumeさんどうも~。この場所は、桜のトンネルというか、屋根が見られる場所になっていました。来年もぜひ来て見たいところです。天気が良ければな~
非公開コメント

トラックバック