青空も コンクリートの 向こう側

バラ園に行く途中、こーんな交差点を通過しています。高速道路の下に一般道の交差点があるのですが、そこに歩道橋がかかっています。向こう側に渡るにはこの歩道橋を使うしか無いのですが、高さの関係で高速道路に手が届きそうな所をくぐることになりました。


この強力なコンクリートの塊を撮影しようとしたのですが、良く見てみるとその隙間から青空がのぞいています。なかなかいい感じです。こんなシチュエーションだとドラマチックトーンがドハマリするのですが、今回のカメラはパナソニックです。でも、最近はパナソニックもFUJIもこの手のHDR+αのモードがついているので、使わない手はありません。パナソニックの場合は「インプレッシブアート」という名前がついてますが、「インプレッシブ」って、あんましなじみやすい名前ぢゃないですよね…。
で、直接比べては無いのでなんとも言えませんが、味付けはやっぱりドラマチックトーンが一歩先を行ってるような気がします。いえ、これも悪くは無いのですが、まだ少しわざとらしさが残るような気がします。まぁ、ドラマチックトーンも十分わざとらしいので、その辺の細かいところを比べてもしょうが無いのかも知れませんが(^^;。コンデジでこれが使える分だけ、パナソニックの方が一歩リード、というか、OLYMPUSはこの手の高級コンデジを今は出してないんですよね、そもそも…ね。

LUMIX TX1 DC VARIO-ELMARIT 9.1-91mmF2.8-5.9(9.1mm F5.0 1/1000sec ISO 125)インプレッシブアート
関連記事

コメント

No title

sorayume
コンクリと青空

玄さん、好きなコラボ
ありがとぅございます✨

こんなの撮れるのも都会やから?こそ?
いいですね✨
ほんと刺激的です!

今日もお疲れ様です☆
明日もよろしくお願いしまーす!

No title

sorayumeさんどうも~。いやほんと、都会だからこそ、という被写体も結構あるので、もっともっと色々楽しんでおきたいと思います。ガンガン刺激を取り入れていきます。またよろしくお願いします~
非公開コメント

トラックバック