足下に 広がる綿毛と コオロギと

先週になりますが、運動がてらのサイクリングと、夕陽が見える場所を探して海の方に行ってみました。ちょっと距離があるんですが、いい海岸に行けるのは確認できましたので、今後夕陽が南寄りになってきたからには、時々活用してみたいと思ってます。


で、この日は時間の問題と、西の方に厚い雲があったので夕やけの撮影はうまく行かなかったんですが、砂浜の奥に、こーんな綿毛の植物が一面に生えている場所がありました。夕闇迫る風吹く中、綿毛がふわーふわーと揺れてます。なんとかその一面度合いを表現したかったんですが、なかなか難しいですなー。
涼しい風が吹き抜ける中、足下では、すんごい音量で一匹のコオロギが鳴いてました。本当に一匹なんだろうか、というぐらい大きな声でした。夕方、こうした道を歩けばコオロギや鈴虫の声が響いてくる季節ですね。通勤のエリアではあんまし聞かないな-。公園歩いてみるかな…

LUMIX TX1 DC VARIO-ELMARIT 9.1-91mmF2.8-5.9(9.1mm F2.8 1/60sec ISO 400)

関連記事

コメント

No title

sorayume
玄さん
おはょーございます!

綿毛 柔らかそうですね
充分フワフワ感とか伝わりますょ!
夕日が見えるところ見つけたんですね!また楽しみです

玄さん 朝晩ひんやりして来ました 体調などお気をつけて 10月もよろしくお願いします☆

No title

sorayumeさんどうも~。ここはうまく行けばいい感じの夕陽が見られそうなので、時間を見つけていって見たいとは思います。これから寒くなると厳しいかな…(^^;
さすがに10月、少しは涼しくなってきましたね-。l

No title

UTO
相変わらず、いろいろと頑張ってらっしゃいますね!
綿毛、面白いですね。ほんと、ふわふわっぽい雰囲気が良く出てますねぇ。

No title

UTOさんどうも~。この植物、何なのかは分からないままなんですが(^^;楽しそうなので撮ってみました。

実は星ネタというか、機材ネタはいっぱい蓄積されつつあるのですが、いかんせん星を見に行くことができていないので、欲求不満たまりまくりです。そのうちはき出しますね~(^^;
非公開コメント

トラックバック