限りなく 輝く木の葉に ただ見とれ

先週日曜日の新宿御苑、日没間際になってくると、陽が差し込む場所が限られてくるのですが、その分、林の中で色づく葉に光が当たっているところが目立つ様になってきました。本当に日没直前、まさに「あ、あそこ!」という感じで輝いている木を見つけました。


この場所は何本かのモミジが重なっていて、それぞれがいい色になっていたこともあり、そこだけに夕日が差し込んで、幻想的な場所を作り上げていました。もう、みんな夢中でシャッター押しまくりです(^^;。この時はE-M5IIに40-150mmを付けていたので、広角側をE-M5IIで撮影していなかったのですが、後からこの写真を見てみると、E-M5IIでも広角側を撮影しておけば良かったかな、と、ちょっと後悔。まぁ、このTX1でも十分キレイなのですが、改めて良く見てみると、奥の木の部分と、真上に近い画面の上の部分とではピントがかなり違っていて、画面の上1/3ぐらいはボケボケな葉になってしまっているんですね。もっと絞り込んで撮影すれば良かったのですが、気がつきませんでした…ん?ということはE-M5IIで撮影してもF2.8で撮ってれば同じだったか(^^;

さすがにモミジももう終わりですが、この土日でも、銀杏はまだ残っているところがありました。これからは、葉が散って冬らしい風景になっていきます。が、今年の紅葉は相当数撮影しているので、しばらくは出して行けそうです(^^;

LUMIX TX1 DC VARIO-ELMARIT 9.1-91mmF2.8-5.9(9.1mm F2.8 1/125sec ISO 500)

関連記事

コメント

No title

モカのパパ
これは素晴らしい!
写真を見た時は愛媛の紅葉と思ったのですが、新宿御苑だったのですね。しかも絶好の時間帯を狙った記憶に残る一枚ですね。

No title

sorayume
玄さん こんばんゎ!

やっぱり陽の光の当たり具合でだいぶ 印象も変わりますね

綺麗ですねー!

私もその場で見てる気分になりましたありがとぅございます✨
まだたくさん 魅せてもらえるの楽しみです♪

No title

モカのパパさんどうも~。今年は愛媛の紅葉は撮れてないんですね(^^;。代わりにこっちでずいぶんと撮らせてもらいました。
この一枚は、本当に記憶に残る一枚になりました。コンデジで撮影したのがちょっと残念な気もしますが、まぁこんなもんです。

No title

sorayumeさんどうも~。紅葉を撮影しているといつも思うのですが、やっぱり太陽の光は偉大です。ちょっと逆光になるだけで、すごーく雰囲気が変わります。
紅葉の写真は、まだあと少し?色々ネタ出しすることになると思います(^^;
非公開コメント

トラックバック