久々の 星を見るとも 追えぬ夜

久々に星野撮影に行ってきました。しかも、ガイド撮影なんてのは1月に行った印旛沼以来なので、2ヶ月ぶり。しかもこの場所、チロルに来たのは1年ぶりぐらいじゃ無いでしょうか。結構強行軍だったのですが、なんとか堪能できました。


LUMIX TX1 DC VARIO-ELMARIT 9.1-91mmF2.8-5.9(9.1mm F2.8 15sec ISO 3200)

実は、2夜連続でチャレンジしてます。本来は一晩だけの予定でしたが、最初に行った夜、筒はコマコレクターPHを装着したR200SS、赤道儀はEM姫をセットして、鉄板コンビで攻める予定でした。月の沈んだ現地に到着し、三脚と赤道儀をセットして筒を載せ、充電しておいた電源を接続…

接続…あれ?接続できんぞ…


…!

がーん。接続するためのケーブルの先端には、パトラー(SX-P)用の電源コネクタがセットされていたのでした。そー言えばEM姫用の電源(コード)はしばらく使っていなかったのでどこかにやっちゃってる…変換コネクタの類いは無いはず…ひええ。

ということで、最初の夜は電源無ければタダのウエイト…にしかならないEM姫をムリヤリセットし、眼視観測としゃれこんだのでした(涙)

それでも20cm反射。M13はそれぞれの星々に分解し、M51は子持ちの二つともがしっかり見えたりと、思いの外しっかり見えるんだなーと今更ながら興奮したりしました。


FUJIFILM X-A1 Vixen R200SS+コレクターPH(760mm F3.8 60sec x4 ISO 6400)
Vixen SXP赤道儀ノータッチガイド YIMGでstack+PaintShopProとIrfanViewで調整

写真は、二日目にパトラーに乗り換えて撮影したM13です。やっぱりパトラーではピリオディックモーションが大きいため、なかなかしっかりした画像になってくれません。まぁ、TNKで使うのにムリがあるんですけどね。

そういえば、もう一つトホホな結果がありました。撮像素子のゴミです。うーん、このFUJIのXシリーズはどうもゴミが尽きやすい気がします。環境的に素子が近いミラーレスだったり、マウントアダプターを付けっぱなしで普段ゴミの入りやすい望遠鏡にしか付けないということもありますが、ダストリダクションが弱いんでしょうね。このM13を撮影してみて初めて気がついて、改めて素子を見てみると、目立つゴミが…。現場で色々してみたけど取れず(涙)。仕方ないのであきらめてそのまま撮影したのですが、次の被写体になると何故か取れてました。わからーん(^^;

EM姫の電源コード、確保しておかねば…(^^;;;

関連記事

コメント

No title

sorayume-chaco
玄さん
おはよぅございます!

凄い久々の星の撮影✨
やっぱり見事です
M13 綺麗ですね~
うっとり


玄さん 今日も花粉にお気をつけて 佳い日を過ごしてくださぃね☆

No title

sorayumeさんどうも~。お星様の撮影は、やっぱりワクワクします。これでもう少し天の川とか見えるともっといいんですけどねー。
さて、あと2カットほど撮影しているので、どんどん行きます~。
非公開コメント

トラックバック