元日に 晴れ間を占う ほうき星 (ウィルタネン彗星 46P)

元日の夜に撮影したビル種さんです。元日の夜と2日の夜はよく晴れて、しかも月のないいい条件でした。ただ、1日の夜は昼間っから飲んでる(^^;のでさすがに遠征はできません。おとなしくポタ赤でお手軽撮影でも…と思ったのですが、想像以上に晴れてたので頑張ってまる子を出して宅撮りです。狙いは例によってビル種さん。

FUJIFILM X-T1 KOWA PROMINAR+TX07(350mm F4.0 60sec x8 ISO3200)トリミング

年越しのお手軽撮影の時でも場所がわからず撮影できなかったんですが、この日もまる子の自動導入では精度が悪く一発で入らず。左右の視野を撮影してようやく見つけました。そもそも今ビル種さんがいるヤマネコ座なんて、有名な星雲星団もないマイナーな星座な上、明るい星も無いので全くわかりません(^^;

それでもX-T1で撮影すると、なーんとなくこっち側に尾が出てるのかな?という雰囲気に撮れました。まだ動きは速いので恒星基準にすると動きはありますが、実は翌日にも撮ってるのでこれはここまで。宅撮りでここまで写ればまずはOK。それよりも正月早々から晴れてくれたことに感謝です。幸先の良いスタートになったかな?


LUMIX TX1 DC VARIO-ELMARIT 9.1-91mmF2.8-5.9(9.1mm F2.8 10sec ISO 1600)

撮影風景はこんな感じ。今回は少し落ち着いて撮影できたので、TX1を持ち出してきちんと取ってみました。ピント合わせるのに少々手間取るのですが、なんとかなってます。こうやって見るとそこそこの星空なんですが、肉眼だと三等星が見えるかどうかってとこです。



関連記事

コメント

非公開コメント

トラックバック