今宵なら 忘れぬうちにと 秋銀河

2日に遠征したヤビツでは、到着直後からいい天気で早い時間から撮影できました。ポタ赤も出して、さて、何を撮るかと見上げて見たら、まだカシオペアが高々と見えてます。これはもしかしたら、去年ほとんど撮れなかったアンドロメダとかM33とかがまだ撮れんじゃね?ということでチャレンジしてみました。

FUJIFILM X-T1 BORG 107FL+マルチフラットナー(648mm F6.0 120secx8 ISO 3200)
iOptron CEM25EC赤道儀ノータッチガイド YIMGでstack+PaintShopProとIrfanViewで調整


考えてみたらまだ早い時間帯なので撮れるのですが、この季節に秋の銀河を狙ったことが無かったので(たぶん)ちょっと新鮮でした。光圀さんの600mmほどの焦点距離はこの銀河にそこそこマッチします。本当はもっと広がってるんですけどね。今回もフラット処理を含めてかなり強調してみました。元画像のコントラストに限界があるのか、結構荒れます。色もほとんどなくなってしまいました。この辺、短時間でもっとコントラストの出た四国の空が懐かしくなります。

愚痴ばかり言ってもしょうがないので、なんか対策がいりますね。露出を増やすとかフィルター使うとか、今後の課題です。


FUJIFILM X-T1 BORG 107FL+マルチフラットナー(648mm F6.0 120secx8 ISO 3200)
iOptron CEM25EC赤道儀ノータッチガイド YIMGでstack+PaintShopProとIrfanViewで調整

位置的には十分余裕があったのでM33も狙ってみました。こちらも状況は同じなのですが、少々強調し過ぎかな? まぁ、今シーズン(と言っていいかどうか…)撮影しっかりできたのでヨシとしよう。


撮影風景はこんな感じ。星野も撮影しているので処理していきたいのですが、天の川もほとんど写っていないような状況なので、ちょっとやる気失せちう…




FUJIFILM X-T1 BORG 107FL+マルチフラットナー(648mm F6.0 120secx6 ISO 3200)かなーりトリミング
iOptron CEM25EC赤道儀ノータッチガイド YIMGでstack+PaintShopProとIrfanViewで調整

おまけ。ネットで見たハッブル望遠鏡のの写真がスゴかったので思わず狙ってしまったNGC1300です。棒渦がなーんとなく分かるでしょうか?こっちはリチャード君(GS200RC)でしっかり狙ってやりたいかなー。上の方にぼんやりしているのはNGC1297のようです。ちなみに我々の世代だと、1300と言えばルチ将軍、と連想してしまいます。コノ銀河のどこかにはアクダ共和国があるのかもしれません…

関連記事

コメント

No title

cil*08*
お疲れさまです。😅
M31、33良く撮れてますね。(^-^)/
M31はちょっと流れてる?(^^;
今後も楽しみにしてます。

No title

cilさんどうも~。画像処理で頑張った分、それなりのギラギラ感にはなりました。この調子で色々撮ってみたいとは思います。M31、流れているように見えます?。今のところCEM25ECはそれなりに仕事してくれてますので、あまり流れないようにはなってます。後は自動導入の精度がもっと出ればなー。
非公開コメント

トラックバック