星団を 家から眺めつ ポチっとな (TMT Project)

去年は環境の変化もあったのですが、今年は宅撮りを頑張ろうかと考えています。冬場は比較的天気が良いと言うのもあります。オリオンは夜半にはもう傾き始めているので、今の時期旬なやつと言えばこの辺、M46散開星団です。これ、星が比較的小さくて、かつ惑星状星雲が重なってて好きなんですよね。


実は前日撮影した分の星像が悪くて、光軸かなぁ、と、昼間に引っ張り出して光軸調整をしました。それほどズレて無かったのでそんなに違いがあるかなぁ、と思って撮影してみたのですが、違いはありませんでした(T_T)

星像が悪い原因はフィルターか、接眼部か…もうちょっと試してみなきゃ、です。
周辺が赤いのはLPS-D2フィルターのせいだとは思います。ホワイトバランスも普通には調整できなくて大変なんですよね。みどりみどりした画像になります。
でも、好きな惑星状星雲、NGC2438が赤く、くっきりと写ってくれました。これもフィルターのおかげかもしれません。

FUJIFILM X-T1 KASAI GS200RC+x0.8レデューサーLPS-D2フィルター(1300mmF6.4 60secx4 ISO 3200)
iOptron CEM25EC赤道儀ノータッチガイド YIMGでstack+PaintShopProとIrfanViewで調整



去年は機材の導入が少なく、大人しくしていたことの反動もあるのですが、どうも勢いづいてしまったようです。色々落ち着いてきたこともあり、ここは大口径へのチャレンジ心がムクムクと育ってしまいました。と言うことで、何年かかるかは分かりませんが、TMTプロジェクトの発動です。

口径30cmの機種そのものは、移動で取り扱えられるのは正直オライオンのF4のヤツしか無いと思ってます。筒をジュラルミンにするかカーボンにするかは決めてませんが、重量的には大差ありません。ビグレプ1号とも大差ないんですね。

ただ、過大な課題は架台です。16kg以上を振り回せるとなると、今持ってる赤道儀ではEM200になります。んが、さすがに焦点距離1200mm以上をノータッチで撮るのは色んなとこに無理があるんですよね。ならやっぱり架台もエンコーダー付きのがほしぃー!。まずはCEM60ECでしょう。という考えでいました。

ただ、iOptronのこの辺の扱いにくさはCEM25ECで分かってしまったし、バランスのシビアさは自分にはちょっと無理かも。加えてSXPで知ってしまった星本10の扱いやすさは侮れません。

そう、この辺でよい子の皆さんはお気づきかと思いますが、架台はVixenのAXJ赤道儀を導入することで決まりました。本当はSXP2にしようと思ってたりしました。コイツにもエンコーダーが付くと勝手に思ったからなんですが、そうは甘くは無く、SXP2にそんなオプションはありませんでした。SXPより高くなってるんだから、これにあのエンコーダーが付くようにしてくれてたら、すごくヒット商品になるのになぁ、と、残念がることしばし。しいかたがないのでAXJを思い切るしかありません。

ただ、このクラスになると値引きが無いんですね。天文ショップでも値引きは期待できそうにありません。まぁ、この値段だとそうホイホイと売れるものでも無いでしょうから…
が、さまよってみるもんです。ビックカメラやヨドバシカメラだと、普通に10%ポイントがついてるんです。これにクレカのポイントも含めればなかなかの値引き相当です。ええい、いてまえ!ポチッとな…

…カードエラーで通りませんでした(T_T)

残高は問題ないはずですが、金額が金額なので多分ダメなんでしょう。と言うことでポチった勢いはもう止まりません。翌日銀行から半額ほどを引き出して(銀行の引出し上限にも引っかかる…)ビックカメラへ。店頭で相談するとカードと現金を併用しても、全体を10%ポイント相当にしてくれるという。よっしゃ!とその場で発注。計画的気絶でした。


ハタと気がついた3日後、足元にはでっかくて重い段ボール箱が二つ。いよいよTMTの始動です。

…つづく。

関連記事

コメント

No title

nam_world
キターーーーーー
おめでとうございます。
用途もお値段も天文学的な買い物ですね(笑)
筒も30センチにする予定ですか?!
ビグレプ1号は手放しますか・・
もしあれだったら・・その際は相談させてね^^

No title

cil*08*
おはようございます。
あらら、もう届いているのですね。(^^ゞ
30㎝クラスの移動天文台ですか。^^;
私は当分、天文関係へは手が出ませんが、いつかは…(^^ゞ
今後の写真、楽しみにしています。

No title

kaien
おお!計画的気絶、おめでとうございます!
AXJにエンコーダでしょうか。精度も搭載重量も期待が高まりますね。鏡筒はどうなるのてしょうか?私もオライオンかドイツTSのカーボン筒あたりを妄想してます。いや、練習用にビグレプ君位の筒を入手した方が良いのか・・気絶はもう少し先になりそうです。またレビュー楽しみにしてます。

No title

Namさんどうも~。いえいえ、まだ天文学的な数値には程問いですよ…ということにしておいてください(笑
筒の30cmについては、とりあえずビグレプ1号で運用して、ほとぼりがさめてからと言うことにさせてください(爆
その際には、まず先にお声をかけさせていただきます。
というか、その前にSXPをどなたかにお買い上げいただきたいのですが、Namさん、いい人知りませんか?(ヲイ

No title

cilさんどうも~。こちらはもう1年以上前に発売されてましたので、在庫がありましたのでサクッと到着しました。宅配便のお兄さんは苦労されてましたが(^^;
30cmでなくても、ビグレプ1号の25cmでもうほとんど移動天文台ですが、とりあえずこの辺で色々撮影してみます。

No title

kaienさんどうも~。計画的に気絶してきました(^^;
箱の中身はまた書きますが、大きいつづらは赤道儀本体で、小さいつづらはバランスウェイトです。SXPとかだと両方合わせて20kg未満なので一箱で来るのですが、AXJは本体だけで17kg以上あるので別梱包になっているようです。
ビグレプ君はいい筒なのですが、せっかくなら、一気にTMTに走った方が楽しいかも知れません。

No title

UTO
うわーぉ!TMT計画!!素敵です!!
オライオンは、アルミ筒だと1℃の気温変化でピントが移動してしまいますので、オススメではないですよ。

No title

UTOさんどうも~。TMT筒で移動運用しようとすると、重量の面からオライオン1点になってしまいそうです。アルミ筒は価格も魅力的(それでもかなりしますが)なんですが、やはりピントとかたわみとか、気になるでしょうか…。まぁ、軍資金の問題もありますので、じっくり悩んでみます。
非公開コメント

トラックバック