暗くとも 春の銀河を ひと狙い (M99 AXJ + BKP250)

引き続き3月8日の夜に遠征してきた結果です。金曜日の夜に少し遅くなってから出発したので到着したのは23時過ぎぐらい。撮影開始したときはもう、ほぼ日付が変わろうとしてましたので、このM99の撮影も9日になってたかと思います。実は遠征で達磨山は目指したモノの、何を撮影するかは、ほぼノープランでした。いやー、もう少し普段から考えときなさいよ(^^;

FUJIFILM X-T1 SkyWatcher BKP250+パラコア1(1150mm F4.6 120sec x8 ISO 3200)
Vixen AXJ赤道儀ノータッチガイド YIMGでstack+PaintShopProとIrfanViewで調整

ということで、直前にあんな銀河やこんな銀河もいいなぁ、と考えていたものの一つ、M99を狙ってみました。この辺、M98,99,100辺りは普段あまり撮影しないのだけど、結構個性的な形の銀河が多くて狙いがいがあります。今回は他に撮影したいものが出てきたので、M99一個だけですが。

今回はHDR的な処理はしてません。ガイドがガイド状態なので、そこまでがんばる気力も沸かず…。このブレの原因を突き止めておかないといけないのですが、その前に皿を買ってしまうかも。5月ぐらいまで次Lotが出ないという話なので、まぁじっくり考えます。
周辺減光は少しありますが、その辺の処理はほとんどしてません。光軸は必ずしもビシバシではないと思いますが、度重なる遠征や運搬にもメゲず、意外と大きくは狂っていないようです。実は購入から4年ほど経ちますが、一度も光軸調整や掃除をしたことがなかったりします(ヲイ。ええ、買ったそのまんまでずっと使ってるんですね。ここまでテキトーでいいのかどうかというのはありますが、そこそこ性能を発揮してくれているので、これ以上ムリにいじらないようにしていると…。どこかで爪隠しぐらいは付けてやろうといいつつ、もうすぐ4年になります。どないしょー(^^;



OLYMPUS E-M5II M.ZD 12-40mmF2.8Pro(12mm F2.8 50sec ISO 3200)

撮影風景は相変わらずこんな感じ。画面の上の方にしし座の大鎌が見えてるんですが、星が多すぎてピンときませんね。こんな時こそソフトフィルターを付ければ良かったんでしょうなぁ。飛行機も写ってますが、とにかく南側はバンバン飛行機が飛んでて、1000mm超のこの望遠鏡の被写体にも入り込むという傍若無人状態でした(^^;。こればっかりはどうしようも無いかも知れません。

関連記事

コメント

No title

cil*08*
お疲れさま~🌠
1000mm超での撮影でも、飛行機が写り込みますか。(^^;
海外路線は時差の関係で夜間でもバンバン飛ぶんですね~💦
ガイドが甘く感じるのは合成時の位置会わせのせいでしょうかね?
でも、良く撮れてますね。(^-^)/

No title

cilさんどうも~。そんなにいっぱい入り込んでるわけでは無いのですが、ダイレクトにどかーんと来たのもありました(^^;
ガイドは甘いのもありますが、星像そのものも、そーんなに針で突いたみたいには撮れないので、実質こんなもんです。OLYMPUSのレンズで撮れば結構シャープなんですけどね。
非公開コメント

トラックバック