電波源 銀河とともに 狙い撃て (AXJ+BKP250)

8日の達磨山遠征、オメガ星団の撮影ができたのに気をよくして、ついでに?ケンタウスルAこと電波銀河、NGC5128も狙ってみました。これも南天低いので、そうそう狙えるモノではありません。それでもオメガよりは少し高いので、若干筒も上向きになります。


FUJIFILM X-T1 SkyWatcher BKP250+パラコア1(1150mm F4.6 120sec x8 ISO 3200)
Vixen AXJ赤道儀ノータッチガイド YIMGでstack+PaintShopProとIrfanViewで調整

トリミングはしてますが、それでもこの焦点距離になると中央部の暗黒帯も含めてそこそこの描写ができています。もうちょっと露出をかけてノイズを減らしたいところですが、それはまた今後の宿題ということにしましょう。ガイドは厳密に見ると、まだぴょこぴょこがあるのですが、まずはビグレプ1号を乗せてもこれだけの結果が得られているので合格とします。後は赤道儀固定ネジ締め忘れをしなければOK(と…自分に言い聞かせる)


OLYMPUS E-M5II M.ZD 12-40mmF2.8Pro(12mm F2.8 60sec ISO 3200)

この時間帯になってくると、東の空から天の川が少しずつ登ってくるようになってきました。銀河を狙う筒の向こうに銀河が登ってきています。筒と一緒に気分も上向きです。なかなかいい星景になってきました。この後、天の川を狙ったお気楽写真を撮影してるのですが、それはまた後で。このお気楽写真が一番印象的な写真になったんですが(^^;

関連記事

コメント

No title

cil*08*
おお、ケンタウロスAですね~(*_*)
確か、衝突銀河と言われてるものですね。👍
良い感じで撮れてますね。(^-^)/
私は、暫くは星野写真は難しそうなので…(^^;
これからも色々見せて下さい。

No title

モカのパパ
濃い銀河が昇って来ましたね。
ケンタウロスA、一回は撮って見たい対象ですが、撮る場所が問題ですね。ノイズを減らすには3晩程必要でしょうか。

No title

cilさんどうも~。こいつは電波で見ると相当明るいそうですが、可視光で見るとその激しさはいまひとつわかりにくいところです。暗黒帯が横切ってるのでインパクトはあるんですけどねー。
今年は後は晴れさえすれば、色々頑張ろうかと思います。晴れろ~。

No title

モカのパパさんどうも~。この銀河ぐらいの高さだと、確かに撮影時間は限られますね。さすがに3晩かけて撮影は心が折れそうなのでヤメときます(^^;今回は16分露出なので、1時間ぐらい(一晩ぐらい?)が限界かなー。
非公開コメント

トラックバック