空の上 夏を先取る 藤さんか (M7 AXJ+BKP250)

昨日アップした天の川を撮影していた時に、ビグレプ1号の筒で撮影してたのがこちら、M7です。夏の天の川が上がってきているので色々撮影できるものはあったのですが、とりあえずさそり座狙いで、こいつを行って見ました。ただ、この時は極軸が何か狂ってたようで、ガイドは別の意味でいまひとつになってしまっています。

FUJIFILM X-T1 SkyWatcher BKP250+パラコア1(1150mm F4.6 120sec x6 ISO 3200)
Vixen AXJ赤道儀ノータッチガイド YIMGでstack+PaintShopProとIrfanViewで調整

それでも、スパイダーのあるビグレプ1号で撮影すると、明るめの星がきらりーんになって、なかなか良い感じになりました。これ、屈折だとここまでハデにならないので、もっと露出をかけないと面白い絵になりにくいかもしれません。撮影中はカメラのプレビューを見て、撮影が順調に行われているかどうかを見るのですが、3枚目ぐらいで初めて確認してみたら、なにやら赤いモノが写っていました。ふーん、M7って赤い星雲が重なって…んなわきゃねーだろ!、と、一人ボケツッコミをかましてみましたが、考えてみたら飛行機がバンバン通っているので、その一つが通過したみたいですね。こんな感じでした。


考えてみたら、M101を撮影したヤツにも入ってました、一枚。こちらの方が強烈で、こんな感じでした。


飛行機が通るのはしゃあないのですが、1150mm+APS-C(すなわち1600mm相当ぐらい)で撮影している、ほとんど真ん中を横切っていく飛行機ってなんなのよー、という感じです。やっぱり、少し多めに露出しとかないかんかなー。

関連記事

コメント

非公開コメント

トラックバック