季節なら 子持ちの銀河を もう一度 (M51 R200SS+コレクターPH)

4月頭にチロルで撮影した3つのうち、一つ目です。何度も撮影しているので、別のにすれば良かったのかも知れませんが、まぁ、これだと手動導入でも比較的簡単なので、一発目に持ってきて見ました。3月に撮影したのはこちらですが、この時はガイドがいまひとつで、リベンジしたいと思ってました。ただ、今回と比べても、今回が特段すごい、という状況では無い気が…これなら、M81-2辺りを撮影した方が新鮮みがあったかもしれません。


FUJIFILM X-A1 Vixen R200SS+コレクターPH(760mm F3.8 120sec x16 ISO 3200)
タカハシ EM200赤道儀ノータッチガイド YIMGでstack+PaintShopProとIrfanViewで調整

今回は撮影枚数も16枚がんばってるし、これぐらいの北天ならガイドズレもほとんど目立たないので、結構いいのが行けるかも…と思ったのですが…。一つは、これだけガイドが安定しているのなら、3分露出とかで暗部ディティールをもう少し追い込んでも良かったかも知れません。もう一つは、やはりカメラの差でしょうか。X-A1も天体用としていいカメラなんですが、さすがにX-T1と比べるともう一歩な気がします。後は口径とか焦点距離とかがありますが、コマコレはコレクターPHなんで、光学系は悪くないと思うんですよねー。どっちみち光軸はほぼ合わせてないし(^^;



LUMIX TX1 DC VARIO-ELMARIT 9.1-91mmF2.8-5.9(9.1mm F2.8 30sec ISO 3200)

撮影中はこんな感じです。デジカメで、かつノータッチ状態なんでシンプルと言えばシンプルですね。セッティング、撤収もそれほど時間はかかりません。今回唯一苦労したと言えばバッテリーぐらいでしょうか。それでも運用中は特に苦労をするようなものでもなく、問題ありませんでした。フードに光が当たってますが、すぐそばのトンネル手前のナトリウムランプ街灯が明るいんですよね。フードがあるのでさほど大きな影響はなさそうです。

撮影結果はまぁ、進歩無いと言えばそこまでかもしれませんが、実は画像処理側で、ハイライトマスクをしたり、ウェーブレット処理をしたりと、あの手この手はかましてます。それでもこの辺が限界ですね。後はカメラと撮影側でもうちょっとがんばれるように精進します。

…筒も検討中ですが、それはまたもう少し先の話になりそうです。

関連記事

コメント

非公開コメント

トラックバック