春うらら ホトケの群れに 囲まれて

桜の花が咲く頃には、ホトケノザが満開を過ぎる頃でもあります。近所の花壇で、チューリップが咲き始めた場所があったのですが、遠目に見るとそこが一面ピンクに染まっています。なんだこれー、と近づいて見るとこんな状況でした。


ホトケノザは正直、雑草というイメージが強いのですが(実際、花壇とか整備してるとイヤになるぐらい生えてくる…)これだけ一面に生えてると、もはや芸術の域に到達してるようにも見えます。今回は、それを生かして撮影してみました。チューリップを撮影していると言うよりも、ホトケノザの群落を撮影している雰囲気でした。

OLYMPUS E-M5II M.ZD 40-150mmF2.8Pro(64mm F2.8 1/4000 ISO 200)

関連記事

コメント

No title

cil*08*
おはようございます。✨
ホトケノザ、本当に鬱陶しいですよね~💦
でも、一面に咲くと綺麗ではありますね。(^^ゞ
チューリップと良い感じですね~。

No title

cilさんどうも~。ホトケノザ、本当にひどいときは鬱陶しいのですが、ここまでいっぱいに咲くと、ちょっと違った美しさがありますね。さすがにここまで咲いてるのをみると、「おっ」っとなります。ただ、ここの花壇は比較的良く整備されているので、翌週にはぜーんぶ無くなってました(^^;
非公開コメント

トラックバック