春の陽を 輝く岩場に 城ヶ島 (withカナヘビィ)

関東の天の川といえば、この城ヶ島で撮影されたものを時々見ることがあるので、一度行ってみたかった城ヶ島にようやく行ってみました。駐車場の関係や星を撮ろうと思うと撮影場所が限られそうなことから、どうやら良く見る馬の背洞門での固定撮影が精いっぱいかな、というイメージでした。

LUMIX TX1 DC VARIO-ELMARIT 9.1-91mmF2.8-5.9(9.1mm F2.8 1/500sec ISO 125)インプレッシブアート

その馬の背洞門を見て、帰りに振り返ってみると、午後の傾いた太陽が雲に隠れて、その日差しが海に反射して印象的な景色を作っていました。肝心の馬の背洞門の写りが今一つだったので、こちらを載せます。

で、実はそれよりも印象的だったのはカナヘビでした。この撮影をするほんの少し前、階段を上がっていると、親子が何やらつついています。足元を見ると、カネヘビが二匹。なんでもケンカしてたのでそれを引き離したとか。しばらく見てると、また取っ組み合いを始めました。


LUMIX TX1 DC VARIO-ELMARIT 9.1-91mmF2.8-5.9(26.1mm F5.6 1/1000sec ISO 125)

さすがにこれだけ激しく取っ組み合いをしているカナヘビを見たことはありません。こりゃあ撮影しておかねば、と思ったのですが、たいていこういうのはカメラを出したりしている間に逃げられたりするんですよね。ところが、今回はケンカが気になるのか、周囲に何人も人がいるのに逃げる気配がありません。おかげで迫力のカットを撮らせてもらいました。少々グロいかな…(^^;


ええと、天の川ですが、今回は下見だけなので、そのうち一回ぐらいは撮影チャレンジしてみたいとは思います。実現するかどうかは…

関連記事

コメント

非公開コメント

トラックバック